いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

28.がんと栄養成分

がんと食物繊維の関係。大腸・直腸のがん予防に重要。

更新日:

がんと食物繊維の関係


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


食物繊維とは?

食物繊維は、1970年頃までは「何の栄養も機能もない、意味のないもの」とされてきました。しかし様々な研究により、人間の腸内環境に大きく関わることが明らかになり、今では重要な栄養素として位置づけられています。

【がんと食物繊維の関係性とは】

胃から腸までの消化排泄機能と関わりがあり、大腸がんや直腸がんのリスク低減に効果があるのは明白です。日本人の食物繊維の摂取量は低下傾向にありますが、同時に大腸や直腸がんの発生頻度や死亡率は上昇しています。

【食物繊維の働き】

食物繊維は大きく分けると水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維があります。

不溶性食物繊維は、大腸の中で周辺の水分を吸収し便を排出しやすい形状にします。同時に腸壁を刺激して蠕動をうながします。それによって自然で定期的な排便や、下痢や便秘の防止に繋がります。

がん予防として重要なのは、不溶性食物繊維によって便が早く、しっかりと排泄されることで腸内(腸壁)が発がん物質や腐敗物質などの有害物質にさらされる時間が短くなることです。

水溶性食物繊維は一緒に食べたものと混ざり合ってゲル状となり、栄養素を吸収する役割を持つ「小腸」へゆっくりと食べたものを提供します。

それによって消化吸収をゆるやかにし、必要な栄養素をきちんと吸収するとともに、血糖値の急激な上昇を和らげます。

さらに、コレステロールの原料となる成分を排出、再吸収を防いだりして動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防します。

なお、大腸に存在する善玉菌のうち、乳酸菌などは食物繊維を分解することで増殖することができます。食物繊維を日常的に摂取することで常に腸内の環境をよい状態に保つことができるといえます。

食物繊維がよく摂れる食品

・不溶性食物繊維
干しシイタケ、きくらげ、しめじなどの菌類。豆類、ゴボウ、セロリ、玄米など。

・水溶性食物繊維
りんご、みかん、柿などの果物。昆布、ワカメ、もずくなどの海藻類。

以上、がん(癌)と食物繊維に関する解説でした。

がんと闘うには、人間の体のことや栄養素についてもある程度理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-28.がんと栄養成分

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.