02.がんについて

CAR-T(カーティ)細胞療法の副作用とその対策。TCR-T細胞療法の仕組み

CAR-T細胞療法の開発経緯 CAR-T(カーティ)細胞療法の歴史を紐解くと、研究開始は1980年代です。 イスラエルのワイツマン研究所のジーリグ・エシュハー博士は、T細胞がより正確に「敵」であるがんを認識できるようにするため、がんの抗原に強力に接続する抗体のパーツをつくり、T細胞受容体に加える方法を考えました。 また、現・藤田医科大の黒澤良和博士たちが1987年に発表した「免疫グロブリンとT細胞受容体でつくったキメラ受容体」も原型のひとつとされます。 抗原認識部位をT細胞へ導入したことには成功しましたが ...

ReadMore

02.がんについて

CAR-T細胞療法の仕組みを分かりやすく解説

がんを攻撃する免疫の中心で活躍するのがT細胞です。CAR-T(カーティ)細胞とは、がんをみつけて攻撃しやすいように人工的につくり替えたT細胞のことです。 簡単にいうと、CAR-T細胞は、患者の体のなかにあるがんを瞬時にみつけ攻撃をしかけます。さらに体内で増殖して、がん細胞を一斉攻撃する役割を担います。 人工的にパワーアップされたT細胞である。 がんの発生は遺伝子に傷がつくことと大きな関わりがあります。遺伝子への傷が多いと、T細胞ががんをみつけたり、破壊したりしやすくなります。 一方でがんは攻撃から逃れるた ...

ReadMore

02.がんについて

がん光免疫はどのようにがん細胞を破壊するのか?なぜ「光免疫療法」と呼ばれるのか?

光免疫療法は日本初の治療法 2020年9月、「がん光免疫療法」のための薬と医療機器が、日本で承認されました。光免疫療法の承認は世界初であり、日本での研究開発が最も進んでいる治療法です。 狙ったがん細胞をピンポイントで物理的に破壊する、従来のがん治療とは大きく異なるコンセプトをもち、これまで実施された臨床試験では、従来の方法では治療が難しかったがん患者が治癒する例も確認されています。 「免疫」という言葉が名前についていますが、これまで知られている免疫療法とはまるでちがう仕組みをもつことも大きな特徴です。 が ...

ReadMore

02.がんについて

がんの免疫療法の歴史。保険適応の免疫療法と、受けることが推奨されていない免疫療法の違いとは?

がんの免疫療法が生まれたのは? 免疫療法とよばれる治療法には、さまざまな方法がありますが、効果が科学的に証明されず、長く信用できるのかどうかわからない治療法という位置づけでした。 その歴史を振り返ってみます。 免疫療法のはじまりは、100年以上前にさかのぼります。1890年、米ニューヨークでがん治療医をしていたウィリアム・コーリー博士が、高熱を発したがん患者のがんが小さくなったり、消えたりしていることに気づきました。 高熱の原因は、マラリア、麻疹、インフルエンザ、梅毒などでした。コーリー博士は翌年、頭と咽 ...

ReadMore

02.がんについて

免疫力とがんの関係。がんの発生メカニズムとがんを抑制するメカニズムの解説

細胞分裂とがん発生の原因 がんは、私たちの体の遺伝子に傷が入ることで発症します。 がんと遺伝子にかんする研究については米国の研究者、ロバート・ワインバーグ博士とダグラス・ハナハン博士とともに発表した有名な論文があります。 2000年に発表された「がんの特徴」2011年の「がんの特徴次の世代」です。 2000年の論文「がんの特徴」のなかで、ワインバーグ博士らはがんの特徴を挙げて、それぞれのはたらきを解説しています。 また、2011年の新しい論文「がんの特徴次の世代」では、ワインバーグ博士らはさらに特徴を加え ...

ReadMore

no image

02.がんについて

2016年から開始した「全国がん登録」による5年生存率などの統計データは?

全国がん登録の最新のデータによると、2017年の1年間にがんと診断された人は97万7393人でした。 2016年が99万5131人だったので近年では「年間約100万人が新たにがんと診断されている」ということです。 部位別でいうと2017年にもっとも多かったのが、大腸がん(15万3189人)、次いで胃がん(12万9475人)、肺がん(12万4510人)、乳がん(9万1605人)、前立腺がん(9万1215人)でした。 男性でがんと診断された人は55万8869人、女性が31万8510人でした。 5年生存率につい ...

ReadMore

02.がんについて

「医者は抗がん剤を使わない」「いや、抗がん剤は使う」本当はどちら?

標準治療(手術、放射線、化学療法)を批判する意見は多く、書籍も多く出版されています。 特に問題視されることが多いのが、抗がん剤などの薬物を使う「化学療法」です。 書籍の中には、「99%の医者は抗がん剤を使わない」という内容のものがあります。これを執筆しているのは医師です。 その他にも「薬剤師は抗がん剤を使わない」という書籍もあります。 これも現役の薬剤師が書いています。 このような意見に対して、反発する医師も多く、 医者は自分にどんな「がん治療」をとる? 99%が抗がん剤を使わず #ldnews http ...

ReadMore

02.がんについて

がんゲノム医療 保険適応の条件と問題点を分かりやすく解説

2019年6月1日より、がんゲノム医療に関する「がん遺伝子パネル検査」が保険適応となりました。 テレビのニュースなどでは「がんゲノム医療が保険適応に」などとテロップで流れることもあり、ゲノム医療全体が保険適応になるかのような印象を受ける人もいるかもしれません。 しかし保険適応となるのは「検査」についてのみ。 なおかつ保険が適応となるための条件もあります。そして検査を受けて何らかの遺伝子変異が見つかったとしても、そこから「治療」に入るためには、いくつかの難問があります。 この記事では、がんゲノム医療やパネル ...

ReadMore

02.がんについて

がんゲノム医療とは何か?分かりやすく解説

近年、話題になっている「がんゲノム医療」とは何か、というテーマの記事です。 専門用語、難解な言葉が登場しやすく「いまいち、理解できない」という人が多いので、できるだけ分かりやすく解説したいと思います。 ゲノムとゲノム医療 体の細胞の核の中にはDNAがあり、そこに刻み込まれた生命に関する情報が「ゲノム」と呼ばれるものです。 この体の設計図といえるゲノムに刻まれている「遺伝子の配列」を調べるのが「遺伝子検査」です。 遺伝子検査によって「その人固有の遺伝子情報」が明らかになります。 ゲノム医療とは、シンプルに表 ...

ReadMore

02.がんについて

がんセカンドオピニオンの質問例と受けるタイミング

がん治療では「セカンドオピニオンを受けましょう」とよく言われますが、いつ、どのタイミングで受けて、どんな質問をすればよいのか?は悩ましい問題だといえます。 がんに関するセカンドオピニオンはそもそもどの病院に行けばよいか分かりません。せっかくお金を払って(基本的に保険適応外で有料です)行くからには、有益な時間にしたいものです。 私もセカンドオピニオンについてはよく質問を受けます。最も難しいのが「どの病院で受けるべきか」ですが、これについては個別の対応になるのでこの記事では触れません。 この記事では、上手なセ ...

ReadMore

02.がんについて

がん光免疫はどのようにがん細胞を破壊するのか?なぜ「光免疫療法」と呼ばれるのか?


【サイト内 特設ページ】




がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?.


光免疫療法は日本初の治療法

2020年9月、「がん光免疫療法」のための薬と医療機器が、日本で承認されました。光免疫療法の承認は世界初であり、日本での研究開発が最も進んでいる治療法です。

狙ったがん細胞をピンポイントで物理的に破壊する、従来のがん治療とは大きく異なるコンセプトをもち、これまで実施された臨床試験では、従来の方法では治療が難しかったがん患者が治癒する例も確認されています。

「免疫」という言葉が名前についていますが、これまで知られている免疫療法とはまるでちがう仕組みをもつことも大きな特徴です。

がん光免疫療法の仕組み

では、光免疫療法とはどのような仕組みなのでしょうか。

光免疫療法は、米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発しました。

小林氏はまず、がん細胞の表面に数万~数百万と大量にでている特定のたんぱく質「抗原」に注目しました。

抗原はがん細胞の「目印」になります。ある抗原には、それと結びつく特定の「抗体」が存在します。

「抗体」は非常に精度よく、ピンポイントでがん細胞の抗原に接合します。

小林氏は、がん細胞の表面に多くでている抗原に結びつく抗体に「IR700」という小さな光感受性物質を取りつけた「薬」を開発しました。

治療では、この薬を患者の静脈に点滴で投与します。するとIR700つきの抗体が全身をめぐり、ターゲットであるがん細胞の表面にある抗原に接合します。

一日程度の時間を置いたあと、がんのある場所にレーザー光をあてます。

使う光は暗赤色光とよばれる波長で、家庭の電気製品のリモコンに使われている波長に近く、人にあてても無害です

この光があたったIR700は、瞬時に水に溶けない性質になり抗体と抗原を巻き込んで急激に変形します。

この急な変形によって、がん細胞の細胞膜に傷がつきます。ひとつの傷は小さいのですが、たくさん傷ができることでがん細胞の細胞膜に穴が開き、その穴から細胞の外にある水が大量に流れ込んで、がん細胞が破裂して死滅します。


【サイト内 特設ページ】




がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?.


副作用がほぼない

「IR700」という小さな光感受性物質を取りつけた「薬」は全身をめぐりますが、がんに結びつかなかった薬は1~2週間で体外へ排出されます。

これまでの臨床試験では、薬そのものによる毒性は確認されていません。

また、細胞膜に穴を開けるには、傷が1万個ほどつくことが必要です。たとえ、正常細胞に抗体が少しついてしまい、そこに光があたったとしても、壊れることはありません。そもそも光をあてない場所の細胞に傷がつくこともないです。

このように、これまでの治療法以上にがん細胞をピンポイントで攻撃できることが大きな特徴で正常細胞にはほぼ影響はないと考えられ、副作用が少ないと期待されています。

小林氏はこの治療法の効果をマウスの実験で確認し2011年に米科学誌「ネイチャー・メデイシン」に論文を発表しました。

抗がん剤とは全く異なる治療プロセス

従来の抗がん剤は、細胞内の機能にダメージを与える仕組みを利用してがん細胞を殺していました。

しかし、薬が細胞に作用しても細胞が殺せなかったり、細胞側が薬から逃れる術(耐性)を身につけたり、がん以外の正常細胞への影響が大きかったりして、すべてのがん細胞を殺すことは難しい状況でした。

光免疫療法は、薬と光を使うことによってがん細胞の細胞膜に穴を開け、死へ導きます。細胞が薬に反応しなかったり、さまざまな回避法を使ったりしても関係なく、有無をいわせず細胞膜に傷をつくります。

光をあててわずか1分ほどでがん細胞が死ぬのもこれまでは考えられなかったスピードです。

光で破壊したあと、免疫が攻撃する

「抗体を使うがん治療」には薬物治療ですでに使われている「分子標的薬」があります。分子標的薬にも、抗体をがん細胞表面の抗原に結びつけることによって治療するタイプのものがあります

しかし、この方法では、抗原のはたらきを完全に抑えなければ、がんを弱らせることができません。このため、大量の薬を長期にわたって投与する必要があります。

また、治療を続けるうちに、抗原の形が変わるなどして耐性がつき、いずれ効果を示さなくなります。

光免疫療法は、がん細胞の細胞膜に1万個ほどの傷がつけば膜に穴が開くため、分子標的薬よりも結びつく抗体が大幅に少なくても効果が出る可能性が高いです。

さらに、がん細胞が破壊されれば治療は終わるため、投与回数も少なくてすむというメリットも考えられます。

では「免疫」はどこで働くのでしょうか。

光免疫療法の特徴として、「細胞膜が破れるという特徴的ながん細胞の死に方が、患者の体内の免疫のはたらきを活発にし、がんへの攻撃を高める」という動きがあります。

細胞膜が破れて水が入り込み細胞が破裂すると、がん細胞のなかにあった物質が周囲へまき散らされます。

がん細胞だけをピンポイントで破壊する光免疫療法では、がんの近くの免疫細胞は通常どおり存在しています。

まき散らされた物質は体内のがん細胞そのものの特徴を保っているため、近くにいる樹状細胞が、まき散らされた目印を攻撃対象として認識して目覚めます。

続いて、樹状細胞から目印の情報を受け取ったT細胞が増え、まだ残っているがんへ攻撃をはじめます。このようにして、患者が本来もっている免疫を、精度よく機能させると考えられています。

もともとある免疫を高めるようながん細胞の死に方を「免疫原性細胞死」とよびます。

小林氏によると、マウスに移植したがんの大きさにくらべて、治療に必要な量よりも少ない光しかあてなくても、がん全体が消えたケースがあったといいます。

つまり、「光」による直接的な攻撃以上の「免疫」の効果が、マウスの体内で起きていたといえます。

免疫の仕組みについては2016年に米科学誌「サイエンス・トランスレーショナルメディシン」に小林氏が発表した論文に詳しく記載されています。

内容は以下のとおりです。

がんが体内で増殖するときに、がんを助ける免疫細胞のひとつに「制御性T細胞」があります。

制御性T細胞は、がんのまわりに集まってきて「門番」となり、免疫細胞からのがんへの攻撃を抑え、がん細胞を保護しています。

もともとは、免疫が過剰にはたらくのを抑制するためにあるのですが、がんが免疫から逃れるのを助けてしまっています。

小林氏は、この制御性T細胞を光免疫療法で破壊する実験をしました。

制御性T細胞の表面には「CD25」という抗原があります。

このCD25と接合する抗体にIR700を取りつけた薬をつくり、がんを発症させたマウスに投与し、がんのある場所に光をあてると約1日でがん細胞は消滅した、と報告されています。

この実験では、がん細胞に直接薬が結びつわけではないため、がん細胞は攻撃されず、制御性T細胞だけが攻撃されます。それにもかかわらず、がん細胞が消滅したことになります。

この作用を詳細に調べると、光免疫療法で制御性T細胞が破壊されたあと、制御性T細胞が門番として抑えていたT細胞やNK細胞が目覚めて、がん細胞への攻撃をはじめたことが分かりました。

がんが免疫から逃れるための防御力が格段に低下することで免疫のがんに対する攻撃力が回復したといえます。

続く実験では、1匹のマウスに同じ種類のがんを4カ所に発症させました。次にCD25と接合する抗体にIR700を結びつけた薬を投与し、1カ所のがんだけに光をあてたところ、マウスの全身のがんが小さくなった、と報告されています。

これは、光をあてた場所で目覚めた攻撃力のあるT細胞が血液に乗って全身をめぐり、かの場所のがんまで攻撃したと考えられています。

一方、異なる種類のがんを1匹のマウスに移植して同様の治療をすると、光をあてたものとちがう種類のがんは消えませんでした。

T細胞が獲得免疫によって「敵」と認識したのは、光をあてたところにあるがん細胞のみであり、目覚めたT細胞が攻撃するのは、光をあてたがん細胞に限られ、ほかの細胞に影響をおよぼすことはないと考えられます。

これは、転移がんの治療にも使える可能性を示す成果といえます。

光免疫療法の仕組みの整理

1.光をあててがん細胞をピンポイントで破壊する。

2.細胞膜が破れてがん細胞の中身がまき散らされる。

3。まき散らされた物質によって免疫細胞を目覚めさせる。

というプロセスとなります。

小林氏は「がんを攻撃する免疫を誘導する治療法」という意味で「光免疫療法」と命名しました。

従来の免疫療法とは考え方や作用が全く異なる画期的な治療法といえます。

 

・・・・・・・・・・

 

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

 

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

\ 無料ガイドブック、プレゼント中 /

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

経験10年以上。プロのアドバイザーによる徹底解説。

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

サポートを受けた患者さんの声

大腸がん(腹膜播種)遠藤さん|患者さんの声

遠藤です。 お世話になっております。 先週4/10(金)に両親と、妻との4人で病院へ行き、担当医に会ってきました。 本村さんが言われていたように、話がどういった展開になるか、少々心配していましたが、私たち子供が立ち会ったことも功を奏したのか、担当医は明朗に現在の状況を説明してくれました。 ガンの転移であるのかについては、今までの抗がん剤治療での経過の中で、部位が多少なりとも小さくなっていることにより、ガンであると判断するしかない、更に突き詰めるには、やはり腹腔鏡手術・開腹手術を行うしかないが、前回母が手術 ...

続きを読む

直腸がん(手術後経過)桑島さん|患者さんの声

長い間本当にありがとうございました!!! 昨年10月にご相談をしてから、早くも6ヶ月が過ぎました。 昨年1月に大腸がん(直腸)の再発に始まり、手術をし人工肛門にするか、肛門の温存又は経過観察にするべきか、悩み迷い、先生のアドバイスを受けました。 結果経過観察を選び、4月1日に6ヶ月目の検査を受診しました。 検査結果担当医より「良かったですね。肝臓に転移も無く、術後も綺麗ですね。」と先生の笑顔を初めて拝見しました。 私もとても嬉しかったです。10月の検査予約をして参りました。 本村先生へのお礼とご報告が遅く ...

続きを読む

子宮体がん(肝臓転移あり5㎜以下で2個~4個)佐藤さん|患者さんの声

(1)患者は私本人です (2)48歳 (3)北海道○○市 (4)肝臓癌 (5)10/23、CT検査。多分再発だろうと医師に言われました。 (6)2012年婦人科で「子宮内膜増殖症 異型」と診断され、ガンに移行するタイプなので設備の整っている病院を紹介され、そこで検査の結果、初期の子宮体癌と診断されました。 (7)2012年子宮、卵巣、リンパ節手術 半年位は、毎月血液検査、その後3ヵ月ごとになりました。CT検査半年ごと。今年の7月のCT検査で、微かな影(?)のようなものが認められ、10月にもう一度CT検査を ...

続きを読む

スキルス胃がん(手術前)本間さん|患者さんの声

本村さま お返事ありがとうございました。 本村さんのおっしゃる通り、知識をしっかり身につけようと思います。誰に聞けば良いのかわからない質問にまで丁寧に答えてくださり、ありがとうございます。 先日両親にガイドブックを渡しました。がんのことを家族で勉強したいと思います。これからもよろしくお願いします。 本間 【続き】 こんばんは。先日はメールをありがとうございました。 本村さんのおっしゃる通りでした。 それでも諦めきれず、以前から気になっていた食事療法の本を出されている先生のクリニックへ。 検査結果の資料一式 ...

続きを読む

肺がん(ステージ4)堀内さん|患者さんの声

本村さん こんばんわ 報告ですが○○病院の緩和病棟(外来)に行ってきました。とにかく今の吐き気が辛い事などを伝えましたが、大変親切に対応いただきました。 ○○病院の話も聞きたい旨を伝えましたが、快く賛成頂きました。結果的には、新しい吐き気止めを頂きました。(本村さんのおっしゃるとおりでした。) その薬を妻が飲み、吐き気はなくなったようです。本日(金曜日)、体調が良く吐き気がないので出社して経理の仕事をこなしていました。 ただ、車で30分。会社に着いてすぐもどしました。また退社寸前まで元気でしたが、帰る車内 ...

続きを読む

人気の記事

1

私(本村ユウジ)は身内をがんで亡くしてから、プロとして10年以上活動している、がん治療専門のアドバイザーです。

このページでは、がんを治すための「たった1つの条件」について明らかにしています。

2

標準治療(手術、放射線、化学療法)を批判する意見は多く、書籍も多く出版されています。 特に問題視されることが多いのが、抗がん剤などの薬物を使う「化学療法」です。 ...

3

2019年6月1日より、がんゲノム医療に関する「がん遺伝子パネル検査」が保険適応となりました。 テレビのニュースなどでは「がんゲノム医療が保険適応に」などとテロ ...

4

日本で最初に免疫チェックポイント阻害剤が使われたのは「2014年7月にメラノーマで承認されたオプジーボ(ニボルマブ)。 それ以来、様々な免疫チェックポイント阻害 ...

5

近年、話題になっている「がんゲノム医療」とは何か、というテーマの記事です。 専門用語、難解な言葉が登場しやすく「いまいち、理解できない」という人が多いので、でき ...

-02.がんについて

© 2022 がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ