いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

28.がんと栄養成分

がんとセレンの関係。通常の食事だけで必要なぶんは補える。

更新日:

がんとセレンの関係


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


セレンとは?

セレンはセレニウムともいい、人間の体内には10mgほどしか含まれていないミネラルです。農作物を作る土壌に含まれますが、日本の土壌はセレンが豊富です。そのため多くの日本人は穀物や魚介類からじゅうぶんな量を摂取しています。

【がんとセレンの関係性とは】

セレンの主な働きとして、抗酸化作用があります。これにより水銀やカドミウムなどの有害物質の毒性を減らしたり、免疫機能を高めたりする働きがあります。

また、細胞の膜には不飽和脂肪酸が含まれていますが、これは酸化しやすく、酸化すると過酸化脂質=細胞を老化させ、がん発生の原因になるといわれています。

セレンはこの過酸化脂質の分解に寄与する酵素の働きを助けます。それにより「がんに効果がある」と長くいわれてきましたが、日常の食事で十分に摂れている人が多く、必要以上に摂ることは逆にリスクに繋がります。

少量(必要十分な量)のセレンは健康に必要ですが、たくさん摂るとがんによいという考えは間違いです。

【セレンの働き】

過酸化脂質の分解を助けることで、老化や動脈硬化の予防に効果があるとされています。日本人でセレンが不足するということは稀ですが、もし不足すると心筋や筋肉の低下に繋がります。がんのリスクが高まるとの報告もあります。

ただ、過剰になると毒性を発揮し、吐き気や倦怠感、肌荒れなどの症状が起きるのでサプリメントなどで摂りすぎることがないように注意しましょう。

成人の摂取基準は男性で30ug、女性で25ugです。

セレンがよく摂れる食品

玄米、胚芽小麦、ねぎ、にんにくなどの野菜類、わかさぎ、いわしなどの小魚類、ほたて、卵など。

以上、がん(癌)とセレンに関する解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-28.がんと栄養成分

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.