25.抗がん剤・分子標的薬

呼吸に関する抗がん剤の副作用|咳、息切れ、呼吸困難(間質性肺炎)の対策

更新日:

hospi77422

抗がん剤などの薬で呼吸器の症状が起こるケースは以前より減少傾向にあります。ただ、「間質性肺炎」は、頻度は低いものの重い症状をもたらすので要注意です。

■間質性肺炎が疑われたらすぐに治療は中止する

咳や息切れなどの呼吸器症状は専門的には「肺毒性」といい、肺の細胞が薬の作用でダメージを受けたり、薬に対する免疫反応の1つとして起こったりします。

薬を投与後数週間~数カ月で、乾いた咳、動いたときの息切れ、微熱などが現れる「慢性型」と、治療をしたあとすぐに発熱、咳、息切れなどが現れる「急性型」があります。

体力が低下している人や日常の活動度が低い人、肺に持病がある人、高齢者などで発症のリスクが高いとされ、予防的に抗菌薬や抗真菌薬が投与されることがあります。

こうした呼吸器症状のなかで、とくに注意しなければならないのは、「間質性肺炎」です。肺の上皮細胞などに起こった炎症を放置すると、ガス交換をしている肺胞と肺胞の間の組織(間質)がむくんできます。

この状態が続くと肺が線維化し、呼吸機能が低下します。これが間質性肺炎で、発生頻度は低いものの、重症化すると死に至るおそれがある副作用の1つです。2002年以降、肺がんで使われる分子標的薬のゲフィチニブ(イレッサ)で生じた間質性肺炎が問題となりましたが、これ以外の抗がん剤、分子標的薬でも起こります。また、がんの治療薬に限らず、さまざまな薬で生じます。

薬の投与中に咳や息切れなどの症状が見られたら、胸部X線やCTなどの画像検査や血液検査などが行われます。

一般的な感染症が原因だと分かったら治療は継続しますが、間質性肺炎が疑われたら治療を中止し、症状が改善しないときは、ステロイド薬の注射や、短期間に大量のステロイド薬を点滴する「ステロイドパルス療法」を行います。

以上、抗がん剤の副作用についての解説でした。

私がサポートしている患者さんでもハーセプチンなど分子標的薬を使っている方は多くいます。従来の抗がん剤に比べると効果を発揮しやすく、副作用は少ないですが、それでも「がんを治す薬」ではありません。

「どのようにして乳がんと闘うのか」については総合的に考えなくてはなりません。詳しくはこちらのガイドブックで。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

----------------------------

患者さんの闘病ブログがたくさん。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。