14.膀胱がん

膀胱がんの検査と診断方法

投稿日:

膀胱がん検査膀胱鏡

膀胱がんの検査ではおもに、尿道から膀胱に膀胱鏡(非常に細い内視鏡)を入れて観察する方法がとられます。

この検査は痛みをともなうため、麻酔(局所麻酔または仙骨硬膜外麻酔)の下で行います。通常は、この検査によってほぼ確実にがんを発見することができます。

尿の中にがん細胞が混じっているかどうかを調べる「尿細胞診」が行われることもありますが、がんの場所によっては確実ではありません。確定的な診断を下すには、麻酔下で膀胱内の組織を採取して調べる「生検」が必要です。

また、がんが膀胱の粘膜上皮の下まで浸潤している疑いがある場合にも、膀胱鏡でサンプルを採取することがあります。がんが発見された場合は、CTスキャン、MRI、超音波(エコー)などを使ってがんの範囲と、転移の有無を調べます。

とくに腎盂や尿管には転移が起こりやすいため、この部分は造影剤を使ったCTで綿密に調べる必要があります。

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック

----------------------------

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-14.膀胱がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.