いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

14.膀胱がん

膀胱がんの標準的な治療方法

更新日:

膀胱がんの標準的な治療方法
膀胱がんは、早期に発見されて病巣が粘膜層にとどまっている段階で治療すれば、5年生存率は80パーセント以上というデータがあります。しかし膀胱がんは症状がでにくく、血尿があっても見た目には分かりにくいため早期で発見されること自体が少ないといえます。

また、膀胱がんはくり返し発生するので、生存率のデータを単純に個々に当てはめることはできません。

とくに、発見が遅れ、離れたリンパ節や別の臓器に転移していると、5年生存率は10~30パーセントまで低下します。治療に際しては通常、まず外科的治療が選択されます。

ただし、上皮内がんや多発した表在性がんに対しては、膀胱の内部にBCG(結核ワクチン)や抗がん剤をくり返し注入する「膀胱内注入療法」を行うことが多いです。手術の術式はおもに2種類に分けられます。

第1はがんが粘膜層にとどまっている場合の手術で、膀胱鏡でがんを見ながら、電気メスで病巣を切除します。手術後、膀胱内注入療法を行うこともあります。第2は、これよりがんが広がって粘膜の下に浸潤している場合で、膀胱全体と周囲のリンパ節を摘出します。

男性では、これと同時に前立腺と精嚢(前立腺の後ろ側にあり、精液の70パーセントをつくる器官。精嚢の収縮によって射精が起こる)を切除します。女性の場合は、子宮を摘出します。膀胱を摘出した場合、尿をためておく場所がなくなるため、別に尿路をつくる必要があります。

この場合、①人工的な尿の出口(ストーマ)を腹部につくり、そこに袋(パウチ)を貼り付けて尿を受けるようにする、②腸を袋状にして尿をある程度そこにためられるようにする、③腸を袋状にして出口を尿道につなぐ、などの方法があります。

後の2つは新しい方法で、実績がまだ十分ではありません。いずれにせよ、膀胱の全摘出を行うと生活の質が低下することは避けられないため、近年では、放射線治療と化学療法を組み合わせて、膀胱を温存する治療法も研究されています。

また、レーザーと光感受性物質を用いた光線力学的療法、インターフェロンやインターロイキンを注入する免疫療法、それに遺伝子治療もさかんに実施(いずれも実験的に)、あるいは研究されています。

以上、膀胱がんについての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-14.膀胱がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.