02.がんについて

「医者は抗がん剤を使わない」「いや、抗がん剤は使う」本当はどちら?

標準治療(手術、放射線、化学療法)を批判する意見は多く、書籍も多く出版されています。 特に問題視されることが多いのが、抗がん剤などの薬物を使う「化学療法」です。 書籍の中には、「99%の医者は抗がん剤を使わない」という内容のものがあります。これを執筆しているのは医師です。 その他にも「薬剤師は抗がん剤を使わない」という書籍もあります。 これも現役の薬剤師が書いています。 このような意見に対して、反発する医師も多く、 医者は自分にどんな「がん治療」をとる? 99%が抗がん剤を使わず #ldnews http ...

ReadMore

02.がんについて

がんゲノム医療 保険適応の条件と問題点を分かりやすく解説

2019年6月1日より、がんゲノム医療に関する「がん遺伝子パネル検査」が保険適応となりました。 テレビのニュースなどでは「がんゲノム医療が保険適応に」などとテロップで流れることもあり、ゲノム医療全体が保険適応になるかのような印象を受ける人もいるかもしれません。 しかし保険適応となるのは「検査」についてのみ。 なおかつ保険が適応となるための条件もあります。そして検査を受けて何らかの遺伝子変異が見つかったとしても、そこから「治療」に入るためには、いくつかの難問があります。 この記事では、がんゲノム医療やパネル ...

ReadMore

02.がんについて

がん全般に関するニュース 2019

がん全般に関するツイートを忘備録として格納しています。 ※新しいニュースのほうが上。 ゲノム医療の体制などについてポイントがまとめられた良い記事。 がん遺伝子パネル検査等、保険診療上の留意事項を整理―厚労省 https://t.co/WMgzt0NpG9 — 本村ユウジ@がん治療専門 (@motomurayuji) 2019年6月4日 光免疫療法、第三相スタートのニュース。 米国での再発頭頸部扁平上皮がんに対する第2相試験で、奏効率28%(28人中8人)、完全奏効率14%(28人中4人)という ...

ReadMore

02.がんについて

がんゲノム医療とは何か?分かりやすく解説

近年、話題になっている「がんゲノム医療」とは何か、というテーマの記事です。 専門用語、難解な言葉が登場しやすく「いまいち、理解できない」という人が多いので、できるだけ分かりやすく解説したいと思います。 ゲノムとゲノム医療 体の細胞の核の中にはDNAがあり、そこに刻み込まれた生命に関する情報が「ゲノム」と呼ばれるものです。 この体の設計図といえるゲノムに刻まれている「遺伝子の配列」を調べるのが「遺伝子検査」です。 遺伝子検査によって「その人固有の遺伝子情報」が明らかになります。 ゲノム医療とは、シンプルに表 ...

ReadMore

02.がんについて

がんセカンドオピニオンの質問例と受けるタイミング

がん治療では「セカンドオピニオンを受けましょう」とよく言われますが、いつ、どのタイミングで受けて、どんな質問をすればよいのか?は悩ましい問題だといえます。 がんに関するセカンドオピニオンはそもそもどの病院に行けばよいか分かりません。せっかくお金を払って(基本的に保険適応外で有料です)行くからには、有益な時間にしたいものです。 私もセカンドオピニオンについてはよく質問を受けます。最も難しいのが「どの病院で受けるべきか」ですが、これについては個別の対応になるのでこの記事では触れません。 この記事では、上手なセ ...

ReadMore

02.がんについて

セカンドオピニオンで医者は怒るのか?言い方にも気をつけよう

セカンドオピニオンは「受けてよかった」というケースもあれば「受けてもあまり意味がなかった」ということもあります。 また、受ける以前に主治医との関係が悪くなったり、場合によっては医師が怒ってしまって「もう私は診ない」などと関係が断裂されてしまったりすることもあります(ここまでのことは稀ですが)。 セカンドオピニオンは受ける前、もとより「主治医に切り出す前」に色々と整理、準備しておことが大切になります。 ポイントは色々ありますが、ツイッターでこのようなことを書きました。 実際には個々のケースバイケースですし住 ...

ReadMore

02.がんについて

がん治療 病院の選びかた。評判や口コミだけで決めてはいけない

個別サポートの中で、比較的多いのが「今はこの病院に通っているのですが、他に移ったほうがよいですか?他におすすめの病院はありますか?」という質問です。 がんについては「一度行けば終わり」ではなく、通院、入院などを含め長期化することが多いため、どの病院を選ぶか、は重要な点になります。 というわけで、ツイッターで「病院の選び方シリーズ」を書いてみました。 「その20」まで行ってしまったので、サイトにもまとめとして残しておきたいと思います。 がん治療 病院の選びかた、探しかた 【がん治療 病院の選びかた その1】 ...

ReadMore

02.がんについて

がん治療費用に関わる公的支援や助成金の制度は?

経済的な理由で、希望どおりのがん治療を続けられなくなる人は少なくありません。でも、あきらめてしまう前に、公的な制度が利用できないかどうか、確かめてみましょう。 役所や公的機関に申請すれば戻ってくるお金や控除制度、手当金などがあります。 代表的なものとして、「高額療養費制度」「医療費控除」「傷病手当金」「雇用保険(失業手当)」「障害年金」などがあります。 医療費控除 患者さんまたは”生計を一にする家族”が、1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合に、所得税の一部が戻ってくる制度です。 医療にかかった領収 ...

ReadMore

02.がんについて

光免疫療法(近赤外線免疫療法)の治験の進捗状況は?

※この記事は、光免疫療法(近赤外線免疫療法)の解説+直近の臨床試験(治験)の結果について掲載しています。 2019年以降の臨床試験の進捗についてはその都度更新しています。 光免疫療法(近赤外線免疫療法)とは? テレビのリモコンでも使われている近赤外線。 そのレーザー光を体の表面に照射することでがん細胞を攻撃する、新しい治療法の実用化への期待が年々高まっています。 これは「がん光免疫療法(近赤外線免疫療法)」と呼ばれる治療法で、米国国立衛生研究所(NIH)主任研究員の小林久隆医師が10年以上の研究の成果とし ...

ReadMore

02.がんについて

抗がん剤による脱毛はなぜ起きるのか?いつ回復するのか?

抗がん剤治療の副作用として「脱毛する」ことがよく知られています。抗がん剤治療を受けるとなぜ脱毛するのでしょうか? これは、毛髪の成長のメカニズムと関係があります。 毛根にある毛母細胞(もうぼさいぼう。毛を作るもとになる細胞)が細胞分裂することによって、毛が成長(伸びる)します。 毛髪は「成長期」「退行期」「休止期」のサイクルを繰り返しています。 毛母細胞は、全身の細胞の中でも分裂が速い細胞です。そのため、同じく分裂の速いがん細胞を標的とする化学療法(抗がん剤治療)は、毛母細胞にもダメージを与え、脱毛が起こ ...

ReadMore

肝臓がん

肝臓がん、レンビマ(レンバチニブ)の効果と副作用を分かりやすく解説

2018/10/7    ,

がん専門アドバイザーの本村です。 当記事では肝臓がんの一次治療薬として使われるようになったレンビマ(レンバチニブ)の効果、副作用について解説しています。 肝臓が ...

肝臓がんの放射線治療が使える人と使えない人

2018/10/10    

がんの三大治療法の1つ、放射線治療についても肝臓がんへの適応は進んでいます。 放射線を肝臓の広い範囲に照射すると、肝臓に重い障害を与えるおそれがありますが、腫瘍 ...

肝臓がんに対するマイクロ波凝固療法、ラジオ波焼灼療法の効果と再発率、生存率

2018/10/10    

肝臓がんにおける熱凝固療法(マイクロ波凝固療法、ラジオ波焼灼療法)の特徴について、以下にまとめます。 マイクロ波凝固療法、ラジオ波焼灼療法の長所(メリット) 1 ...

ラジオ波焼灼療法の治療効果の判定はどのようにするか

ラジオ波焼灼療法の効果は、画像診断と血液検査で治療が十分に行われたかどうかを判断します。画像診断では通常、ダイナミックCTを行います。腫瘍とそのまわりに造影剤が ...

肝臓がんマイクロ波凝固療法の手順

経皮的マイクロ波凝固療法 マイクロ波凝固療法では太い針を使用します。そこで、確実にこの針を腫瘍に刺せるかどうか確認するため、はじめに試験的に細い針を腹部に刺しま ...

肝臓がんのマイクロ波凝固療法とラジオ波焼灼療法が適応となるケース

肝臓がんの熱凝固療法ともいわれる「マイクロ波凝固療法」および「ラジオ波焼灼療法」は、患者の体が傷つくことが比較的少ない(侵襲度が小さい)手法です。しかし、これら ...

肝臓がんエタノール注入療法の効果(特徴・再発率・生存率)

肝臓がんに対するエタノール注入療法では、エタノールが腫瘍に十分に行きわたらないと、がん細胞が死なずに残ってしまいます。そこで、治療が終わった後、腫瘍が壊死したか ...

肝臓がん抗がん剤の効果(特徴・生存率)

2018/10/10    

肝臓がんの治療法として行う「全身化学療法(点滴や経口の抗がん剤を使った治療)は、手術とは異なり、開腹する処置が不要です。また、治療時には麻酔も必要ありません。 ...

肝臓がんの抗がん剤治療で使用する抗がん剤とは

2018/10/10    

抗がん剤の細み合わせや投与法は、がんの種類によってはガイドラインが定められています。しかし、肝臓がん(肝細胞がん)では有効性が認められている抗がん剤の組み合わせ ...

肝臓がんで化学療法(抗がん剤治療)が対象となるケース

2018/10/10    

抗がん剤を使用する治療、つまり「化学療法」はがんの代表的な治療法の1つです。 しかし、肝臓がん(肝細胞がん)の化学療法においては、肝動脈に抗がん剤を注入する「動 ...

肝臓がん手術前に行われる検査と手術内容の決定

2018/10/10    

肝臓がんの手術が決まったら、肝臓の機能と悪性腫瘍(がん)の状態に基づいて手術方針を決めるため、次のような検査を行います。 まず、腫瘍の状態を確認するために血液検 ...

転移した肝臓がんの治療法とは

2015/6/4    

肝臓がんは、脳、骨、肺、副腎、リンパ節など、全身のあらゆる場所に転移する可能性があります。肝臓がんの場合、肺や副腎などにがんが転移したときは、そのがんを切除する ...

肝臓がんの治療法「腫瘍が3個以下、最大径3センチ以上」の場合

2018/10/10    

肝臓がんはがんの個数と広がり、大きさによって治療法が検討されます。「3個以下、最大の腫瘍が3センチ以上」の場合は肝臓の切除が第1の選択肢になります。穿刺(せんし ...

肝臓がん(肝細胞がん)の治療法の種類

2018/10/10    

エタノール注入療法 肝臓がんは他のがんと比べて選択できる治療法が多いがんです。現在、肝臓がんの治療は、次の6種類に大別されます。 [1]外科治療(肝臓の切除) ...

肝臓がんの治療方針はどのように決めるのか

2018/10/10    

肝臓に発生するがんには、おもに肝細胞がんと肝内胆管がん(胆管細胞がん)があります。 このうち肝細胞がんが肝臓がん全体の90パーセント以上を占めます。そのため一般 ...

肝臓がんの腹腔鏡手術

肝臓がん治療の柱のひとつ「手術」は、開腹手術だけではありません。 2010年4月には「腹腔鏡手術」が健康保険の適用となりました。 腹腔鏡手術は胃がん、大腸がん、 ...

肝臓がんの再発リスクが高い3つの理由

肝臓がんの手術はがんが発生した場所、がんの個数、肝機能の状態によって切除範囲が異なってきます。肝臓をより小さく切除する場合は「肝核出術」を行います。これはできる ...

肝臓がんの化学療法とネクサバール(ソラフェニブ)

肝臓がんでは日本で開発された肝動脈塞栓法なども含め、さまざまな治療が行われてきましたが、他のがんでは広く行われている「化学療法(抗がん剤などの薬物による治療)」 ...

肝臓がんに放射線治療は行われるのか?

現代医学では、がん治療の3本柱のひとつとなっている「放射線治療」ですが、肝臓がんにおいては有力な治療法とはいえません。 肝臓という臓器は放射線に対して敏感であり ...

肝臓がんの治療法「肝動脈塞栓療法」とは

肝臓がんの「肝動脈塞栓療法」は進行肝臓がんの世界の標準治療として行われており、治療自体は日本で開発されたものです。 この治療法はまず、脚の付け根の動脈から細い管 ...

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.