肝臓がん

肝臓がん、レンビマ(レンバチニブ)の効果と副作用を分かりやすく解説

2018/10/7    ,

がん専門アドバイザーの本村です。 当記事では肝臓がんの一次治療薬として使われるようになったレンビマ(レンバチニブ)の効果、副作用について解説しています。 肝臓が ...

肝臓がんの放射線治療が使える人と使えない人

2018/10/10    

がんの三大治療法の1つ、放射線治療についても肝臓がんへの適応は進んでいます。 放射線を肝臓の広い範囲に照射すると、肝臓に重い障害を与えるおそれがありますが、腫瘍 ...

肝臓がんに対するマイクロ波凝固療法、ラジオ波焼灼療法の効果と再発率、生存率

2018/10/10    

肝臓がんにおける熱凝固療法(マイクロ波凝固療法、ラジオ波焼灼療法)の特徴について、以下にまとめます。 マイクロ波凝固療法、ラジオ波焼灼療法の長所(メリット) 1 ...

ラジオ波焼灼療法の治療効果の判定はどのようにするか

ラジオ波焼灼療法の効果は、画像診断と血液検査で治療が十分に行われたかどうかを判断します。画像診断では通常、ダイナミックCTを行います。腫瘍とそのまわりに造影剤が ...

肝臓がんマイクロ波凝固療法の手順

経皮的マイクロ波凝固療法 マイクロ波凝固療法では太い針を使用します。そこで、確実にこの針を腫瘍に刺せるかどうか確認するため、はじめに試験的に細い針を腹部に刺しま ...

肝臓がんのマイクロ波凝固療法とラジオ波焼灼療法が適応となるケース

肝臓がんの熱凝固療法ともいわれる「マイクロ波凝固療法」および「ラジオ波焼灼療法」は、患者の体が傷つくことが比較的少ない(侵襲度が小さい)手法です。しかし、これら ...

肝臓がんエタノール注入療法の効果(特徴・再発率・生存率)

肝臓がんに対するエタノール注入療法では、エタノールが腫瘍に十分に行きわたらないと、がん細胞が死なずに残ってしまいます。そこで、治療が終わった後、腫瘍が壊死したか ...

肝臓がん抗がん剤の効果(特徴・生存率)

2018/10/10    

肝臓がんの治療法として行う「全身化学療法(点滴や経口の抗がん剤を使った治療)は、手術とは異なり、開腹する処置が不要です。また、治療時には麻酔も必要ありません。 ...

肝臓がんの抗がん剤治療で使用する抗がん剤とは

2018/10/10    

抗がん剤の細み合わせや投与法は、がんの種類によってはガイドラインが定められています。しかし、肝臓がん(肝細胞がん)では有効性が認められている抗がん剤の組み合わせ ...

肝臓がんで化学療法(抗がん剤治療)が対象となるケース

2018/10/10    

抗がん剤を使用する治療、つまり「化学療法」はがんの代表的な治療法の1つです。 しかし、肝臓がん(肝細胞がん)の化学療法においては、肝動脈に抗がん剤を注入する「動 ...

肝臓がん手術前に行われる検査と手術内容の決定

2018/10/10    

肝臓がんの手術が決まったら、肝臓の機能と悪性腫瘍(がん)の状態に基づいて手術方針を決めるため、次のような検査を行います。 まず、腫瘍の状態を確認するために血液検 ...

転移した肝臓がんの治療法とは

2015/6/4    

肝臓がんは、脳、骨、肺、副腎、リンパ節など、全身のあらゆる場所に転移する可能性があります。肝臓がんの場合、肺や副腎などにがんが転移したときは、そのがんを切除する ...

肝臓がんの治療法「腫瘍が3個以下、最大径3センチ以上」の場合

2018/10/10    

肝臓がんはがんの個数と広がり、大きさによって治療法が検討されます。「3個以下、最大の腫瘍が3センチ以上」の場合は肝臓の切除が第1の選択肢になります。穿刺(せんし ...

肝臓がん(肝細胞がん)の治療法の種類

2018/10/10    

エタノール注入療法 肝臓がんは他のがんと比べて選択できる治療法が多いがんです。現在、肝臓がんの治療は、次の6種類に大別されます。 [1]外科治療(肝臓の切除) ...

肝臓がんの治療方針はどのように決めるのか

2018/10/10    

肝臓に発生するがんには、おもに肝細胞がんと肝内胆管がん(胆管細胞がん)があります。 このうち肝細胞がんが肝臓がん全体の90パーセント以上を占めます。そのため一般 ...

肝臓がんの腹腔鏡手術

肝臓がん治療の柱のひとつ「手術」は、開腹手術だけではありません。 2010年4月には「腹腔鏡手術」が健康保険の適用となりました。 腹腔鏡手術は胃がん、大腸がん、 ...

肝臓がんの再発リスクが高い3つの理由

肝臓がんの手術はがんが発生した場所、がんの個数、肝機能の状態によって切除範囲が異なってきます。肝臓をより小さく切除する場合は「肝核出術」を行います。これはできる ...

肝臓がんの化学療法とネクサバール(ソラフェニブ)

肝臓がんでは日本で開発された肝動脈塞栓法なども含め、さまざまな治療が行われてきましたが、他のがんでは広く行われている「化学療法(抗がん剤などの薬物による治療)」 ...

肝臓がんに放射線治療は行われるのか?

現代医学では、がん治療の3本柱のひとつとなっている「放射線治療」ですが、肝臓がんにおいては有力な治療法とはいえません。 肝臓という臓器は放射線に対して敏感であり ...

肝臓がんの治療法「肝動脈塞栓療法」とは

肝臓がんの「肝動脈塞栓療法」は進行肝臓がんの世界の標準治療として行われており、治療自体は日本で開発されたものです。 この治療法はまず、脚の付け根の動脈から細い管 ...

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.