10.肝臓がん

肝臓がん(肝細胞がん)の治療法の種類

更新日:

エタノール注入療法

エタノール注入療法

肝臓がんは他のがんと比べて選択できる治療法が多いがんです。現在、肝臓がんの治療は、次の6種類に大別されます。

[1]外科治療(肝臓の切除)
[2]穿刺療法
a.エタノール注入療法(アルコール注入療法。PEI)
b.マイクロ波凝固療法(MCT)
c.ラジオ焼灼療法(RFA)
[3]肝動脈塞栓療法(TAE)
[4]抗がん剤の肝動脈注入療法(動注療法または動注化学療法)
[5]放射線治療
[6]肝臓移植

[1]は、がんを周囲の組織ごと切除する方法です。

[2]は、体外からがんに針を刺す(穿刺)ことにより治療を行うものです。このうち、aはがんにエタノール(純粋アルコール)を注入して、ガンを壊死させる方法です。bは電子レンジと同じ原理のマイクロ波を利用します。cはラジオ放送に使う波長の電波を使います。がんにマイクロ波またはラジオ波をあてると、がんの内部から熱が発生するので、それによってがんを凝固させて攻撃します。

[3]は、がんに血液を送る動脈に栓をしてふさぎ、酸素や栄養を断ってがんを"餓死"させる方法です。肝臓の正常な細胞は、門脈と肝動脈の両方から栄養を得ているのに対し、がん細胞が肝動脈からしか栄養を得ていないことを利用します。

[4]は、がんに向かう動脈に抗がん剤を注入し、がんにダメージを与えようとする治療法です。この治療に引き続いて、肝動脈塞栓療法を行うこともあります。

[5]は、放射線によってがんを死滅させる方法です。肝臓は放射線による障害を受けやすいので、コンピューターを駆使して、狭い範囲に放射線を集中させる高度な技術が必要です。またごく一部の施設では、陽子線や重粒子線という特殊な放射線を使った治療も行っています。

[6]の肝臓移植には、生きている人の肝臓の一部を取り出して移植する「生体肝移植」と、脳死した人の肝臓を移植する「脳死肝移植」があります。

ほかに、凍結療法や全身化学療法なども試され始めています。

以上、肝臓がんの治療方法についての解説でした。

肝臓がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

たった1つの条件とは

本村ユウジ
がん治療専門アドバイザー、本村です。

手術、抗がん剤、免疫、食事療法・・・。

「私のがん治療、これで大丈夫かな?」

と少しでも不安なら。

確認するポイントは1つだけです。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-10.肝臓がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.