10.肝臓がん

肝臓がんの死亡者数と原因の変化

更新日:

kanzo001

肝臓にできる原発性のがん(肝臓の細胞に最初にがんが発生する)には「肝細胞がん」と「胆管細胞がん」があります。その約95%は肝細胞ですので、一般的に肝臓がんという場合は肝細胞がんのことを指します。

この肝臓がんの死亡者数には今、ある変化が現れています。他の臓器のがん死亡者数が増加、もしくは横バイ状態の中、肝臓がんには減少傾向がはっきり出てきているのです。2005年の死亡者数3万4268人をピークとして、2010年は3万2765人。その減少傾向は緩やかに続いています。

その原因は何でしょうか。

肝臓がんの発生には日本人の場合はC型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルスが大きく関係しています。最近はC型・B型肝炎から肝臓がんになる人が減少してきているのです。

2005年くらいまでは肝臓がん患者さんの75%がC型肝炎ウイルス、20%がB型肝炎ウイルス、トータル95%の人が肝炎ウイルスを持っていました。ところが、2011年1年間の状況をある病院で調査した結果、患者の内訳は60%がC型肝炎ウイルス、10%がB型肝炎ウイルスを持っていましたが、ウイルスを保持していない方が30%となっていました。

つまり、肝臓がんの大きな原因であったC型、B型のウイルスを持っている人が減少してきたことが、肝臓がん死亡者数減少の大きな原因といえるのです。

その傾向を作ったのは、C型、B型ウイルス肝炎の治療が進歩したことが原因です。そして、ウイルスを保持していない30%を占めたうちの半分は「アルコール性肝障害」によるもので、残りの半分の多くは「NASH(非アルコール性脂肪肝炎)」でした。

昔はアルコール性肝障害では、よほどでない限りがんにはならないと言われてきましたが、それが15%を占めています。そして、脂肪が肝細胞に過剰にたまる状態の脂肪肝からのがんもアルコール性肝障害並みに占めています。

このように肝臓がんの原因は時代の流れによって変化をしてきています。

現在は減少傾向でも、アルコール性肝障害や脂肪肝が増えてくれば、肝臓がんの罹患者数や死亡者数は再び増加傾向に入ると予想されるのです。

以上、肝臓がんについての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-10.肝臓がん
-,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.