がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

12.甲状腺がん

甲状腺がんの治療法~手術、アイソトープ、抗がん剤、放射線照射と5年生存率~

更新日:

甲状腺がんの治療法

甲状腺の腫瘍が悪性=がんだった場合は第一選択肢は手術となります。

甲状腺の手術は、現在、切除する部分を必要最小限にとどめ、可能な限り大きく組織を残すというのが原則になっています。

甲状腺は蝶が羽を広げたような形をしていて、右葉、左葉、峡部から成り立っています。

手術法には、甲状腺の一部をとる「葉切除」、甲状腺の大半を切りとる「亜全摘(一部は残す)」、甲状腺のすべてを切除する「全摘」があります。転移の可能性がある場合は、周囲のリンパ節を脂肪組織ごと摘出する「リンパ節郭清」を行います。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

このような場合も、大切な筋肉や血管、神経は残しますので、大きな機能障害は起こりません。

甲状腺全摘の場合

甲状腺を全摘した場合は、甲状腺ホルモンがつくれなくなりますので、術後は、一生、甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)を服用することになります。

チラーヂンSは、これまでも述べてきたように、体でつくられているホルモンと同じ成分ですので、体に負担はありませんし、適正に飲んでいる限り副作用もありません。

なお、甲状腺ホルモン剤は、手術の前に飲んで腫瘍が大きくなることを抑えたり、術後に甲状腺ホルモン不足を補ったり、また、再発を防ぐために服用することがあります。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


手術の一例

たとえば、甲状腺の右葉に親指大の乳頭がんがある患者の場合(リンパ節への転移あり)。通常は、右葉と峡部を切除し、所属するリンパ節の郭清をすれば対処としては十分だと考えられています。

このようなケースだと、手術時間は1~2時間ほどです。輸血はほとんど必要なく、手術の翌日から食事、歩行、会話ができます。退院は、術後だいたい1週間前後です。状態によって、手術後、甲状腺ホルモン剤を服用することもありますが、一般には、それ以外の抗がん剤療法や放射線療法の必要はありません。

高い生存率

甲状腺がんの手術は、術後の5年生存率も高く、乳頭がん95%、濾胞がん93%、髄様がん90%となっています(甲状腺専門病院の治療例)。つまり、未分化がんを除けば、甲状腺がんは全体の97が、いずれも5年生存率が90%を超えます。

アイソトープ療法は進行した乳頭がんと濾胞がんに対する治療

乳頭がんと濾胞(ろほう)がんは、いずれも甲状腺の濾胞細胞(甲状腺ホルモンをつくる細胞)が、がん化したものです。

そして、このがん細胞には、濾胞細胞が本来持っているヨ-ドをとり込む性質が残っていることがあるのです。

この性質を利用して、肺や骨へがんが遠隔転移している場合や、手術で取りきれていると考えられるが、進行がんであった場合には、放射性ヨ-ド(アイソトープ)療法を行います。

手術で甲状腺を残らず切除(全摘)したあとに、アイソトープのカプセルを服用すると、アイソトープは(濾胞細胞の性質が残っている)転移部分に集まり、ベータ線を発して腫瘍の内部からがん細胞を破壊します。しかもベータ線は、飛ぶ距離が短いため、周りの組織に悪い影響を与えることなく治療ができます。

アイソトープ療法は、濾胞がんの再発治療としても効果があります。ただし、転移巣がアイソトープをとり込まない場合もあります。

遠隔転移の治療には大量のアイソトープが必要となるため、治療の際には、専用の病室に数日間入ることになります。治療中の患者の尿、唾液、汗などには放射線が含まれるため、ほかへの影響を防ぐためです。

最近では、進行がんであった場合に残っているかもしれない微小な病巣やがん細胞をつぶす目的でのアイソトープ治療は、外来でもできるようになりました。

ただし、外来で行うには一定の基準(自宅や職場に小さなお子さんや妊婦さんがいない、帰宅するのに公共交通機関を利用しない、利用する場合には1時間以内など)がありますので、担当医とよく相談しましょう。外来でできない場合には入院で行うことになります。

アイソトープ治療ができる病院は患者さんの数に比して、きわめて少ないため、地域によっては治療の予約には数カ月から半年くらいかかることがあります。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


放射線療法や抗がん剤治療が行われる場合

放射線療法は、頸部の外から放射線を当てて、がん細胞を消滅させる治療法です。また、抗がん剤治療は、乳頭がんや濾胞がんの進行がんで、ほかに治療法がない場合に使われることもありますが、ほとんどは未分化がんの治療に使われます。

甲状腺の抗がん剤には、シスプラチン、アドリアマイシン、VP-16といった薬剤があり、数種類が併用されます。

放射線照射や抗がん剤は、未分化がんのように進行が早く、手術をしてもがん細胞をとり切るのがむずかしい場合、甲状腺全摘手術のあとに残っているがんを大きくしないために、手術と併用して使われます。

未分化がんは、手術を受けても半数の患者さんが半年以内に、さらに1年を経過すると、90%以上の患者さんが死亡する、治療の困難な甲状腺がんです。ただし、長期間生存している患者さんもいます。そういう人は、手術でがんを完全に摘出することができ、なおかつ、抗がん剤と放射線療法を行ったケースが多いようです。

また、悪性リンパ腫も進行していると根治はむずかしい病気ですが、早期に発見すれば、未分化がんよりも治療効果を発揮しやすいといえます。

悪性リンパ腫の場合は、手術ではなく、抗がん剤療法と放射線照射療法を組み合わせる治療が最も適しています。

以上、甲状腺がんの治療法についての解説でした。

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-12.甲状腺がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.