04.大腸・直腸がん

大腸がんの腹腔鏡手術のメリットとは

更新日:

fukkukyo

早期の大腸がんは内視鏡で行われますが、ある程度進行した状態で見つかることが多い大腸がんでは、「腹腔鏡手術」と「開腹手術」が手術方法の中心です。

開腹手術は手術の基本で体をメスで開いてがん病巣を切除する方法ですが、腹腔鏡手術とは内視鏡の一種の腹腔鏡を使って、腹腔内の画像を見ながら、腹部を切り開くことなく行う手術です。

具体的にはおへその部分に1か所、そのほかに4か所、合計5か所程度5~10ミリの穴をあけ、おへそ部分の穴からは腹腔鏡、他の穴からは手術器具を挿入します。腹腔内は良く見えるように炭酸ガスを入れて膨らませます。腹腔鏡でとらえる映像は拡大してモニターに映し出されるので腸管やリンパ節の切除もしっかり行うことができるのです。

これが一般的に行われている大腸の腹腔鏡手術の流れになります。

腹腔鏡手術の大きなメリットは以下の2点だといえます。

①開腹手術の約20センチの大きなキズに対し、腹腔鏡手術は5~10ミリのキズが4か所と5センチ程度のキズが1か所と小さい。当然、体に与える負担は少ない。
②術後の痛みが少なく、術後1週間での退院が可能。

このようなメリットがあるため、当然開腹手術よりも腹腔鏡手術を選択する患者、医師は増えています。特に内視鏡治療の適応範囲を超えた、大腸がんの進行度ステージⅠの粘膜下層の中間を超えた状態のがんに対しては、腹腔鏡手術は重宝されています。

では、ステージⅡ、Ⅲでは開腹手術と腹腔鏡手術との治療効果に差はあるのでしょうか。

ステージⅡとⅢに対する腹腔鏡手術と開腹手術を比較する臨床研究は終了していますが、まだ結論は明確に出されていません。ただ、欧米で同じような臨床研究が行われており、「腹腔鏡手術と開腹手術との成績に差はない」と結果が出ています。日本でも同じ結果がでるものと思われます。

このように、大腸がんにおいて腹腔鏡手術は大きな地位を占めています。とりわけ直腸がんの場合は腹腔鏡の方が開腹よりも術者の視野が良いので、腹腔鏡手術の方がベターだといわれています。

以上、大腸がんの腹腔鏡手術についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-04.大腸・直腸がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.