04.大腸・直腸がん

どんなときに大腸がんで薬物療法が行われるのか?

更新日:

 

大腸がんでよく使われる薬

大腸がんでよく使われる薬

大腸がんの薬物療法は、2000年以降、大きく変化しました。抗がん剤をいくつか組み合わせたり、アバスチンなどの分子標的薬の開発によって以前よりも腫瘍縮小効果が期待できるようになりました。とくに切除不能な再発・転移がんでは、以前は生存期間が1年未満でしたが、現在はおよそ3年とされています。

大腸がんの薬物療法は、次のようなときに行われます。

転移がある場合や再発した場合

がんがリンパ節や肝臓、肺など他の臓器に転移したときや再発した場合は、局所治療である手術では対応できないことが多く、広い範囲に効果を示す薬物療法が中心となります。

最近では手術前に薬物療法を行い、がんの範囲を小さくしてから手術を行い、身体的な負担をできるだけ軽減する手法も用いられるようになっています。転移臓器が肝臓だけ、あるいは肺だけの場合、可能であれば手術するケースが多いのも大腸がんの特徴です。

手術後に大腸がんが再発する可能性がある場合

手術でがんを肉眼的に取り切れたとしても、目に見えない小さながんが残っている可能性がある場合、手術後の再発を予防するために「術後補助化学療法(手術後の補助として薬を使うこと)」を行います。Ⅲ期およびⅡ期で再発の危険性が高い場合が対象となります。

がんが大きく手術不可能だが病変が局所にとどまっている場合

転移はないけれど、がんが大きくてすぐには切除が難しい場合は、がんを小さくするために手術の前に薬物療法や放射線療法を行うことがあります。

手術前の治療でがんが小さくなれば、手術が可能になることもあります。直腸がんでは手術前にTS-1の服用と放射線療法を併用する「術前化学放射線療法」も行われています。

以上、大腸がんの薬物療法についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-04.大腸・直腸がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.