がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

01.サポート会員の声(個別)

乳がん(手術後の再発 竹中さん|患者さんの声

投稿日:

本村ユウジ様

竹中でございます。

昨日、ガンを治す生き方の冊子が届き、今 読み終えたところでございます。これから、熟読していこうと思います。冊子、送って頂きありがとうございました。

早速、食事とメンタルの改善を実行しようと思います。

最後に記載のありましたメッセージは心に突き刺さりました。3冊の本も購入しようと考えおります。

今日は初めてご相談させて頂きます。

わたくは、現在45歳です。

28歳(16年前)の時に右側に乳がんが見つかり、がん細胞2.5㎝ リンパに転移なしで温存手術→放射線治療→ホルモン治療(錠剤を5年間服用)を行い、幸いその後再発することなく過ごしておりましたが、今年の9月に反対側の左側に乳がんが見つかり、先月の21日に温存手術をしました。

今回はがん細胞9㎜、リンパに転移なしでしたが、病理検査の結果 トリプルネガティブでした。

術後の治療として、病院の先生は抗がん剤の中でも副作用の緩やかなCMFを6コースでいいと思う…と言われました。強い方をするならCTを4コースと…

今回のわたくしの場合、早期ですがトリプルネガティブの性質ですと、今後再発する可能性が高いというリスクがある事を考えますと、抗がん剤をしておいた方が 今後生活していく上で再発の不安が一定期間だけ少なくなるのかも知れませんが、抗がん剤しなかった時とした時とではどうなるのかはわからないので、本村様が冊子で書かれているように、抗がん剤のデメリットを避けて、ひとまずこまめな検査をしながら様子を見る方がいいのかな?ととても悩んでおります。

本村様のアドバイスをお聞かせくださいませ。

ちなみに、わたくしには1つ違いの妹がおりまして、妹が今年の2月に乳がんが見つかり 4月に全摘手術をしました。

妹のがん細胞は1.6㎝でしたが、手術するまでの1ヶ月半くらいの短い間に2.5㎝まで大きくなり、先生も少しビックリされてました。

リンパに1ヶ所転移があり、妹もトリプルネガティブでした。手術後 抗がん剤治療を半年がんばり先月終えたところです。

その後、放射線治療をするかしないか悩んで、年明けからする方向で考えているところです。

妹の場合、放射線治療もする意味があると思われますか?是非、妹の場合のアドバイスも頂けると大変助かります。

宜しくお願い致します。

【続き】

本村様

先日は早速ご返信頂きまして、誠にありがとうございました。

抗がん剤をするべきか、様子を見るべきかでとても悩んでいましたが、本村様の納得のいくわかりやすい文章に、何の躊躇もなく受け入れることができました。

迷いが消え、CMFの抗がん剤をする方向で治療を進めていこうと思っております。

妹の件もアドバイスして頂き大変嬉しかったです。

早速妹に伝えた所、「放射線治療をやると決めたけど 正直少し迷ってて これで決心ついたわ」と安心してました。

こんな方がいたなんて…と妹も大変感謝しておりました。

本村様の存在をもし知らずにいたら、確信の持てる決断ができずとても苦しんでる自分が想像できます。

今は何も迷いがないです。

本村様の「ガンを治す生き方」を読んで、絶対に治す、ガンに負けないという強い気持ちを持てました。

これからもっと深く熟読したいと思っております。最後に書かれてました、3冊の本も注文しました。

年が明けてから抗がん剤治療が始まると思いますが、またお力添えをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

竹中

 さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

「病院で治療をしても、治る保証はない」と気づいた人は、他の手段を探し始めます。

それが【混乱の日々】の始まりになります。

自分の選択に自信が持てず「これでホントに合ってるの?」という不安と恐怖。そんな毎日が続くのです。

どのようにがんに向き合い、闘えばがんに勝てるのでしょうか?

がんを治すためには「たった1つの条件」が必要です。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.