04.大腸・直腸がん

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

大腸がん手術の入院期間(日数)はどのくらい?

2018/10/10    

がん専門のアドバイザー、本村です。 当記事では大腸がんの手術時の入院期間について解説しています。 大腸がんの「手術」方法には主に3種類あります。それぞれ体への負 ...

人工肛門に関する悩みとケア、食事、福祉サービスなどについて

人工肛門は、1度つけたら一生つけ続けなければならないのか? 人工肛門には一時的なものと永久的なものとがあります。本来の自然肛門を手術によって切除した場合は、残っ ...

大腸がんの病院選び

2018/10/11    

大腸がんと告知されたとき、まずは慌てずにがんがどこにできたのか、どんな治療が受けられるのかを冷静に把握することが大切です。手術ができるなら早いほうが良いといえま ...

直腸がんの人工肛門と肛門括約筋温存手術

人工肛門は、腸管の一部を腹壁の外に引きだしたもので、便がそこから出るようにするものです。お腹に便の新しい排泄孔(ストーマといいます)ができることになります。とく ...

直腸がん手術後に起きる後遺症とその対策とは?

直腸がんの手術後は、排便機能、排尿機能、性機能などの何らかの障害が少なからず起きます。それぞれどのように考えればよいのか。対策があるのか、などについてまとめてい ...

大腸がんの末期で最期を迎えるとき、どうなるのか

大腸がんが進行して他の臓器に転移し、転移した臓器で進行することで機能不全に陥ります。肺なら呼吸不全、肝臓なら肝不全という状態になりこれで命を落とすことが多いとい ...

直腸がん再発と痛みへの対策

直腸がんの局所の再発は局所の激しい疼痛(痛み)との闘いで、中でも若年者の場合はとても厳しい戦いになります。また排尿障害も起きるため生活の質は極めて悪くなります。 ...

大腸がん手術後の肺転移とその治療法

大腸がんは肺に転移することがしばしばあります。10年間なにもなくて、突然肺に影が出るケースもあります。肝臓への肝転移と同様で、転移の数が単独か2~3個で左右のい ...

大腸がん手術後の肝臓転移とその治療法

大腸がんの転移は原発が直腸なのか結腸なのかで少し傾向が異なります。直腸がんでは局所再発が多く、ついで肺、肝臓への転移が多いという統計です。S状結腸がんは肝臓転移 ...

大腸がんの再発と転移はどのようにして、なぜ起きるのか

大腸がんは、手術が可能と診断されれば手術が第一に選択されます。しかし手術した部分の付近にがん細胞が残っていて、それがしだいに大きくなり再び腫瘍化してしまうことを ...

大腸がん手術後の食事

ひとくちに大腸がんの手術といっても様々な術式がありますので、どのような手術を受けたかによって異なりますが、共通していることは、大きな手術をするとどうしても腸の癒 ...

大腸がんの手術のための入院期間と費用

病院によって異なりますので、個別の確認が必須です。一般論としての入院期間は、手術の前に3日~1週間程度は必要です。手術のための前検査が必要ことが理由です。手術し ...

高齢者(80~90歳)でも大腸がんの手術は可能か

2018/10/11    

1980年代までは60歳以上は老人としてあつかわれ、がんができたら手術不能とされる傾向が強かったといえます。しかし医療が徐々に進歩し、高齢者でも手術を希望する方 ...

大腸がん手術後の化学療法(抗がん剤)や放射線治療の効果

大腸がんの治療の主軸は手術除です。日本での大腸がんの切除率は70~80パーセントに達しています。しかし、手術時は十分に広い範囲を切除し、十分だとされていてもその ...

大腸がん手術後の合併症・後遺症の対策とケア

大腸、とくに大腸下部のがんの手術後には、人工肛門、導尿(カテーテルの留置)、創部ドレーン(管)などの管理が重要なポイントになります。また、イレウス(腸閉塞)や縫 ...

大腸がんの腹腔鏡下切除手術とは

2018/10/11    

腹腔鏡を用いた切除手術は近年よく使われるようになった方法です。初期のころは、リンパ節の切除郭清が困難だったため、早期のがんだけに行われましたが、最近では進行がん ...

大腸がんの手術(結腸・直腸の手術の内容、術式)とは

2018/10/11    

がんの手術でがん組織を完全に取りきれたかどうかは、手術のあと(予後)に大きな影響を及ぼします。がんが一部残っていれば、時間の経過とともに大きく発育して再発する可 ...

大腸がんにはどんな治療法があるのか(治療法の種類)

2018/10/11    

大腸がんの治療法 がんの治療には内視鏡的治療(内視鏡による腫瘍の切除)、外科的手術、放射線治療、化学療法、免疫療法、温熱療法、遺伝子治療などがあります。がんがど ...

大腸がんの精密検査では具体的に何をするのか

大腸がんが疑われるときは精密検査を行います。まず直腸がんについては、肛門に指を入れて腫瘍の状態を確認する「直腸指診」でほぼ診断がつきます。また、肛門鏡や直腸鏡検 ...

大腸がんの症状と検査・診断の方法とは

【大腸がんの症状】 大腸がんのほとんどは、かなり進行するまで無症状です。がんが大きくなると、がんの表面が崩れて出血し、便に血が混じったり、便の表面に血液や粘液が ...

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.