04.大腸・直腸がん

大腸がん手術後の食事

更新日:

大腸がん手術後の食事

ひとくちに大腸がんの手術といっても様々な術式がありますので、どのような手術を受けたかによって異なりますが、共通していることは、大きな手術をするとどうしても腸の癒着が起こり、部分的に狭くなっているところがあるということです。

このようなときに暴飲暴食を行うと腸閉塞を起こす危険が高くなり、再入院が必要となります。最も重要なことは食事の量をなるべく少なくすることです。

たくさん食べて早く快復しようとするのはまちがいです。腸が働かない状態ですので、食事は普通の半分の量にとどめるべきでしょう。

基本的にはあたたかく、消化がよく、柔らかく、栄養価の高い食事を少しずつ様子をみながらとることです。ゴボウやセロリなど固い繊維の多いもの、海藻類や竹の子などは、吻合して狭くなったところに引っかかって腸を閉塞する危険があるので、控えるべきです。
3ヵ月もすると、だいたい腸の物合部のむくみもとれ、よく広がるようになり、また腸の位置が固まるので、普通に食べても問題なくなります。

なお、右の結腸(上行結腸、横行結腸)がんの手術を受けた場合は、水分を吸収するところが少なくなり、一時、下痢になることが多いです。しかし3ヵ月から半年を経過すると、残っている大腸が機能を代償してそのようなことがなくなります。

左の結腸(下行結腸、S状結腸)がんの手術を受ければ、便を一時貯留する部分が少なくなり、また一気に押し出す力が弱くなって便秘になったり、また逆に頻便になることもあります。

大腸の手術では、どうしても腸の長さが短くなってしまいます。ただ、結腸を半分以上切除しても、手術のあと、一時的に便がやわらかくなったり、便通の回数が増えるものの、1~2ヵ月たつとほとんど日常生活は元に戻ります。

多発がんなどで結腸をほとんど切除しても、直腸やS状結腸が少し残っていれば、最初のころは下痢などがありますが、半年から1年で快復します。残っている腸が代償的に働いてくれるためです。ただ、一部でも直腸を切除すると、頻便や便秘などの排便障害が起こることが少なくありません。

以上、大腸がん治療後の食事についての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-04.大腸・直腸がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.