13.皮膚がん

皮膚がんの原因と特徴

更新日:

hifu001

紫外線の影響でオーストラリアでは皮膚がん患者が急増し、今日では幼児期から日焼け止めクリームを塗るのを徹底して行っているほどです。

もちろん紫外線の影響はオーストラリアだけの問題ではなく、全世界的な問題で日本にも影響はでており、皮膚がん患者は確実に増加しています。日本では年間約1万人以上は発症していると推測されています。皮膚がんの死亡者数も右肩上がりで2000年が986人、05年は1207人、そして10年は1404人となっています。

紫外線によって影響を受ける皮膚は、光老化といわれるように、日焼け、シミ、シワを作り皮膚の老化は早まってしまいます。そのようにダメージを受けた皮膚には皮膚がんが発生しやすいといえます。

皮膚がんの発生する皮膚は体を外界から守っており、その構造は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層からできており、その下は筋層です。その表皮をより詳しくみると、外側から「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層でできています。

そして、代表的な皮膚がんとしては「基底細胞がん」「有棘細胞がん」「メラノーマ'悪性黒色腫)」「パージェット病」などがあります。表皮の基底層の細胞に似た細胞から発生するのが基底細胞がん、有棘層の細胞から発生するのが有棘細胞がん、メラノーマはメラノサイトのがん化で、メラノサイトとは紫外線から身を守るメラニン色素を作る細胞です。パージェット病は陰部の表皮にできやすく、分泌腺の細胞ががん化したものです。

最も患者数の多いのが基底細胞がんで、皮膚がんの約25%を占めているといわれ、50代以降から患者は増え始めます。基底細胞がんの大きな特徴としては、80~85%は顔にできるのです。それも額、目の周りや鼻の周りといったところに多くできます。ホクロととてもよく似ています。

基底細胞がんの基本的な成長過程はまず黒い点のようなホクロがゆっくり成長し、それと共に徐々に盛りあがり、ホクロの中央部がえぐれ、ただれてきて傷のようになります。この段階になると、顔を洗ってタオルで拭いたときに、タオルに血液が付着することがあります。にじむ程度の出血です。また、ごくまれにですが、肌の色と同じ基底細胞がんもあります。

基底細胞がんの多くは転移しませんが、がんと気付かずに放っておくと、そのままどんどん大きくなってしまいます。筋肉にがんが達し、骨にまで達してしまうと、手術は大がかりなことになります。やはり早期発見、早期治療が重要だといえます。

以上、皮膚がんについての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには「正しい知識」が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-13.皮膚がん
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.