25.抗がん剤・分子標的薬

クリゾチニブ(ザーコリ)の主な副作用と特徴、効果について

投稿日:

クリゾチニブ(ザーコリ)の主な副作用と特徴

・一般名:クリゾチニブ
・商品名:ザーコリ
・投与経路:経口
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし
・催吐リスク:中

<特徴>

作用機序:ALK融合タンパク質のチロシンキナーゼ活性を阻害して、がんの増殖を抑制する。
代謝経路:糞中に排泄(代謝物の大部分)

<主に使われるがんの種類>

非小細胞肺がん:単剤投与

・使用時の注意点

投与方法:経口投与
投与量:1回250mgを1日2回経口投与
投与量の調整が必要となる場合:副作用の症状・重症度などによる
慎重投与:間質性肺疾患(既往を含む)、肝機能障害、QT間隔延長(危険性、既往を含む)、重度の腎機能障害
併用注意:CYP3A、CYP2B6、P-糖タンパクの活性に影響を及ぼす薬剤

・重大な副作用

間質性肺疾患
QT延長、徐脈
劇症肝炎、肝不全、肝機能障害
血液毒性(好中球・白血球・リンパ球・血小板減少など)
複雑性腎嚢胞
血栓塞栓症

・その他注意が必要な副作用

視覚障害(視力障害、光視症、霧視、硝子体浮遊物、複視、視野欠損、羞明、視力低下など)
下痢・便秘
悪心・嘔吐
浮腫
浮動性めまい
ニューロパチー(運動・感覚の麻痺、手足のしびれ・痛み)

・投与に関するポイント

風邪のような症状(息切れ、呼吸困難、咳嗽、発熱など)が現れたときは、急性肺障害・間質性肺疾患の可能性があるので、すみやかに医療者に報告する。

クリゾチニブ(ザーコリ)は食事と関係なく服用できるが、高脂肪・高カロリー食後の服用は避けたほうがよい。時間を決め、毎日同じ時間帯に服用する。

飲み忘れた場合、気づいた時点で服用する。ただし、次の服用時間が近い(6時間以内)場合は服用を控え、次の服用時間に1回分を服用すること。

他の薬剤や食物による相互作用を受けやすいため現在内服中の薬剤・健康食品などがあれば相談しておく。

視覚変異は約40%に発現するといわれる。投与後1週間~2週間程度で出現し、夜明けや夕暮れなど薄暗い状況において、「視野の端に残像が見える」「光源が特定できない光の点滅」などが報告されている。

・・・

以上、クリゾチニブ(ザーコリ)の情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.