25.抗がん剤・分子標的薬

イホスファミド(イホマイド)の特徴と効果。主な副作用

投稿日:

イホスファミド(イホマイド)

・一般名:イホスファミド
・商品名:イホマイド
・投与経路:点滴静注、静注
・血管外漏出による皮膚障害のリスク:中
・催吐リスク:中

<特徴>

作用機序:主に肝代謝酵素CYP3A4で代謝・活性化された後、がん細胞のDNA合成を阻害し、抗腫瘍効果を現す。
代謝経路:主に腎排泄

<代表的なレジメン>

肺小細胞がん、前立腺がんなど:単剤投与
子宮頸がん:IFM+CDDP
悪性リンパ腫:ICE療法
胚細胞腫瘍:VeIP、VIP、TIP療法
骨軟部腫瘍:AI、IE

・使用時の注意点

投与方法・投与速度:2時間かけて点滴静注、または静注
慎重投与:肝・腎機能障害、膀胱障害、骨髄抑制、感染症合併、水痘、高齢者、小児
用量規制因子(DLF):尿路器系障害(出血性膀胱炎など)と骨髄抑制
併用禁忌:ペントスタチン(併用にて心毒性が発現し、死亡した例がある)
併用注意:アロプリノール、フェノバルビタール、SU薬、インスリン、メスナなど
前投薬:①催吐リスクに応じた制吐薬の予防投与を行う。②十分な尿量を確保し、泌尿器系障害を防止するための大量補液を行う。

・重大な副作用:減量・休薬が必要となるもの

アナフィラキシーショック
骨髄抑制
心筋障害
出血性膀胱炎
間質性肺炎
急性腎不全
意識障害
脳症

・その他注意が必要な副作用

性機能障害:精巣機能障害
脱毛

・注意点

腎機能障害予防として長時間かけて補液すること、2日目以降の積極的な飲水が推奨される。排尿の性状や排尿時変化(血尿や排尿時違和感など)に留意が必要。

泌尿器系障害は、本剤の代謝物(アクロレインなど)が尿中に排泄される際、尿路粘膜を障害して発現するとされる。予防として大量の水分補給・尿のアルカリ化(炭酸水素ナトリウム投与)が行われるが、十分とはいえない。

そのため、イホスファミド(イホマイド)使用時には必ずメスナ(急速に腎を通して排泄され、尿中でアクロレインなどと結合して無毒化する)が併用されていることを確認する。またイホスファミド(イホマイド)は、国際がん研究機関(ARC)により「発がん性を示す」分類にされている。取り扱い方法はシクロホスファミドに準じる。

・・・

以上、イホスファミド(イホマイド)の情報でした。

がんと闘うには、行われる治療の情報(目的や効果)を具体的に理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-25.抗がん剤・分子標的薬
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.