28.がんと栄養成分

ビタミンB群の働きと効果

ビタミンB群

ビタミンB1のような水溶性ビタミンは、1つの例外(ビタミンC)を除き、すべてB群ビタミンと呼ばれています。それは、この仲間のビタミンがいずれも水溶性で、体の中の働きも酵素の作用を助けるという働き方をしているためです。

それぞれのビタミンの作用は違いますが、働き方が似ています。中には、作用の上で協力的に働いているものもあります。

■ビタミンB1について

ビタミンB1はチアミンともいわれ、欠乏すると脚気(かっけ)になります。この脚気は神経の末梢の部分で起きるために、膝の所を小さな金槌で軽くたたくと、普通なら反射的に上下に動くのが、動かなくなります。

ひどくなれば、心臓の機能が低下して心臓脚気などを起こし、遂には死んでしまいます。
どちらかというと、米を主体にしたデンプン質の食事をしているアジアで多かった病気です。

欧米ではアルコールを多飲している人に、中枢神経が冒されるウェルニッケ脳症というビタミンB1欠乏による病気の方が多いようです。日本でも、最近は色々な機会にお酒を飲んであまり食事をしないでいると、肝臓も壊しますが、このウェルニッケ脳症にかかる人が少しずつ増えてきています。

■ビタミンB1は糖分をエネルギーに変える

ビタミンB1は元々、糖分を完全にエネルギーに変える時、余分に必要となるビタミンです。

食べ物を食べて消化吸収されると、砂糖とか、デンプンその他の消化性の糖分は、大部分がブドウ糖(グルコースという)の形に変えられて血液の中に流れ込んできます。

このブドウ糖は、一部が肝臓や筋肉でグリコーゲンになって蓄えられ、一部は脂肪の形に変えられて蓄えられます。人の脳とか、神経が働く時に必要なエネルギーは、すべてこの血液中のブドウ糖を利用しています。

このブドウ糖はエネルギーに変えられる時に、解糖経路と呼ばれる代謝経路を通って変化していきます。この解糖経路は徴生物から植物、動物すべての生物に共通する代謝の通り道です。

この解糖経路から、次にエネルギーを効率的に作るTCA回路というところに入ります。この時、どうしてもビタミンB1が必要です。この解糖経路とTCA回路を結ぶ所に働く酵素の1つは、ビタミンB1がないと働けません。

ですから、糖分やデンプン質の多い食ぺ物を食べているアジアの人達は、欧米の脂肪分の多い食品を取っている人たちより余計にビタミンB1を必要としますし、食品でも豚肉のようにビタミンB1の多い食べ物を欧米の人達は多く取っています。

ビタミンB1はこの他の酵素とも一緒に働いています。TCA回路の中にもあり、体でブドウ糖から脂肪を作る時にも必要です。ビタミンB1からできる補酵素のことを、コカルボキシラーゼといいますが、これは物質から炭酸ガスを出す機能をもつ酵素を助けている、という意味です。

■ビタミンB1と穀類

ビタミンB1は穀類のフスマやヌカの部分に多く、動物性食品では、豚肉や肝臓、そのほか酵母にも多い成分です。

穀物をおいしく食べるために精製すると、ビタミンB1はどんどん減りますが、その減り方は米が最も多く、小麦粉の方が減り方が少ないのです。この辺りも昔の日本人に脚気が多い理由に挙げられています。

現在でも、日本人で最も不足しがちなのはビタミンB1です。潜在性のビタミンB1欠乏症(なんとなく調子が出ないといった欠乏症状を潜在性欠乏症という)は、他のビタミンよりずっと多く臨床で発見されています。

ビタミンB1は、運動すると必要量が増えるビタミンの1つで、運動選手のように激しい運動をすると、摂取エネルギーも当然多くなりますから、必要量は何倍にもなります。普通より、4、5倍は余分に取る必要があるといわれています。

■ビタミンB2について

ビタミンB2は不足すると、成長が止ってしまうビタミンです。ビタミンB1に比べると、もっとたくさんの酵素と関係の深いビタミンです。別名リボフラビンともいいます。牛乳や乳製品に多いビタミンで、不足すると皮膚に炎症を起こします。

このビタミンB2ナイアシンは、体の酸化還元反応に関係する酵素と一緒に働いています。この酸化還元反応というのは、酸素をくっつけたり、取ってしまったり、水素をくっつけたり、取ったりする反応をいう言葉です。

例えば、ブドウ糖を燃やすと次のようになり、その時たくさんのエネルギーができます。(C6H12O6(ブドウ糖)+6O2(酸素)=6CO2(炭酸ガス)+6H2O(水)+エネルギー)

ビタミンB2やナイアシンはこの時、ブドウ糖から水素(H2)を引き抜く酵素反応の補酵素として働いています。この水素がいわば、酸素とくっついて水になります。ビタミンB2とナイアシンのどちらが使われるかは、酵素の性質で決まっています。

また、脂肪が燃える時には、ブドウ糖よりももっとたくさんの水ができます。つまり、余計にビタミンB2が必要になるというわけです。

よくビタミンB2が脂肪のビタミンといわれるのはこのためです。脂肪の多い食事をしていると、ビタミンB2も余計に必要になります。欧米型の食生活で良く食べられる牛乳にビタミンB2が多く含まれているのは都合のよいことです。

牛乳には脂肪分が多いので、牛の赤ちゃんが必要とするビタミンB2がそれだけ余分に入っているのは自然の摂理といえるでしょう。

ビタミンB2は、このように色々な所ですべての栄養素の代謝に関係しており、それが発育に必要なビタミンといわれる理由です。

なお、ビタミンB2欠乏になると最初に皮膚に炎症がでます。

■ナイアシンとは

ナイアシンは昔はニコチン酸とも呼ばれたことがあります。ニコチン酸といってもたばこのニコチンと直接関係があるわけではありません。ニコチンの分解物から見付けられた酸の1つなので、この名前が付けられました。

ニコチン酸には、少し余分なものが付いて、しかも同じ生理活性をもっているニコチン酸アミドという化合物があります。この2つを総称する時にナイアシンと呼んでいます。普通の時には、ナイアシンでもニコチン酸でも同じだと考えてよいです。

■ナイアシンの補酵素としての働き

このナイアシンもビタミンB2と同じように、水素を何かの化合物から取ってしまったり、何か他の化合物に与えたりする時に働く酵素の補酵素の一部分になっています。

ビタミンB2よりもナイアシンを必要とする酵素の種類の方が圧倒的に多いので、体には余分に必要となります。

ビタミンB2の約10倍位必要といえます。糖質も脂肪も完全にエネルギーに変えられるには、ビタミンB2よりもナイアシンが余計に必要です。

ナイアシンもビタミンB2も、どちらもエネルギーだけでなく、新しい物質を作る時にも使われます。いい例が光合成で、炭酸ガスからデンプンを作るときにもナイアシンやビタミンB2が必要になります。

体のホルモンも同じように、このようなビタミンがないとできません。ナイアシンの欠乏症がペラグラという皮膚の炎症を起こすのもビタミンB2と似ていて、必須脂肪酸の代謝と関係しているからです。

■ナイアシンの欠乏症

ナイアシンの欠乏症は、中南米のトウモロコシを主食としている地方でよく見られます。
これは、トウモロコシの中に含まれている主なタンパク質(ツェインという)にトリプトファンといわれる必須アミノ酸が殆ど含まれていないためです。

動物の種類で違いますが、このトリプトファンの一部は体の中でナイアシンになります。人では平均して、60ミリグラムのトリプトファンから1ミリグラムのナイアシンができるといわれています。

中南米以外の他の地方でナイアシンの欠乏症が少ないのは、トウモロコシ以外の穀物を主食にしているためです。

米や小麦もそれほどトリプトファンを多く含んでいるわけではないのですが、トウモロコシのように極端に少ないわけでもありません。(トウモロコシには、このトリプトファンの利用を悪くする原因が他にもあります)

■ビタミンB6について

ビタミンB6はタンパク質に含まれているアミノ酸を作ったり、分解していく時に使われます。アミノ酸を分解したり作ったりする酵素の1つは、俗に卜ランスアミナーゼといわれます。

タンパク質には窒素(N)が含まれています。このNがアミノ基と呼ばれる形で存在しています。このアミノ基を他の化合物に移すのに使われるので、トランスアミナーゼといわれます。この酵素の作用には、ビタミンB6が補酵素として必要です。

成人病の検査の1つにGOT、GPTと呼ばれる酵素があります。これは肝臓の機能が正常かどうかを調べるために使われるものです。肝臓が正常だと、この2つの酵素の血液中での活性はあまり高くありません。

普通はGOTの方がGPTより少し高めですが、大体0~3O単位(酵素の強さを示すもの)の範囲に入っています。肝臓が何かの病気にかかると、肝臓の細胞からこの酵素が血液に流れ出し、この2つの酵素の血液中の活性がずっと高くなります。それで、肝臓病をチェックするのに使われる指標となります。

このGOTとGPTの2つはトランスアミナーゼの仲間です。ですから、ビタミンB6も必要ということになります。またグリコーゲンを分解してブドウ糖を血液に補給したり、筋肉でエネルギーに変える時の酵素(ホスホリラーゼと呼ぶ)もビタミンB6を必要とします。

■ビタミンB6の欠乏症

普通、ビタミンB6の欠乏症は殆ど知られていません。それは、普通の食事の中からの供給量で十分なためです。しかし、妊娠している時や特殊な薬物を飲んでいると、欠乏症が出易いことがあります。

昔から、妊娠している女性にはビタミンB6の欠乏が起きやすいことが知られていました。
妊娠中毒症の時にも、血液のビタミンB6が低くなっているといわれています。最近、日本でも許可されたピルの常用者にビタミンB6欠乏が出やすいことが知られています。そして、治療には、5O~100ミリグラムといった多量のビタミンB6を毎日飲むと治ることが報告されています。

これは、ピルを飲んでいると一種の偽の妊娠状態を、生理的ではなく薬理的に作り出しているため、ビタミンB6の必要が高まり、欠乏症を起こしやすくなると考えられているからです。

また、タンパク質をたくさん食べているとビタミンB6の必要量が増えます。

■パントテン酸について

パントテン酸は、体の中では油脂、特に油脂の殆ど大部分を占めている脂肪酸を完全に燃やすのに必要なビタミンです。

脂肪酸はいわば、ガソリンや灯油と同じで、エネルギーの塊みたいな物質です。ただ、体の中で燃やし易いように片方の端が酸になっています。

エネルギーを作るために酸素を使って燃やすことを酸化といいますが、脂肪酸の場合、炭素が2つずつに切れてから燃やされます。この炭素が2つずつに切れる時もそうですが、最初、脂肪酸がエネルギーになるために活性化される必要があります。このどちらの時も、パントテン酸が入った補酵素(補酵素Aと呼ばれる)が必要とされます。ですから、脂肪を完全に燃やすには、パントテン酸がたくさん必要になります。

また、体の中で脂肪酸を作り、ひいては脂肪を合成していく時にも、このパントテン酸、つまり補酵素Aは必要です。ですから、パントテン酸は脂肪の分解をする時も合成をする時も必要なビタミンということになります。

パントテン酸が付いた形の炭素2つの物質は、お鮨や酢の物に使う食酢の主成分で、酸味をもつ酢酸です。それで、パントテン酸と酢酸が付いたものを「活性酢酸」と呼んでいます。体の中で代謝する時に、代謝されやすい活性型という意味で付けられた名前です。

パントテン酸はそれだけではなく、ブドウ糖のような糖質が燃やされる時にも必要です。ですから、どの栄養素が燃やされてエネルギーになる時にも必要ですが、とりわけ脂肪が燃やされる時の方が余計に必要だということになります。それで、脂肪とより関係が深いビタミンといわれています。

■葉酸(フォラシン)について

葉酸は植物の葉、特に緑葉に多く含まれているビタミンです。パントテン酸は、炭素2つの物質を活性化するのに必要でしたが、葉酸は同じように炭素1つの化合物を活性型にするのに必要なビタミンです。

このような反応は幾つかありますが、特に、タンパク質の合成には欠かせません。それで、不足するとタンパク質のでき方が悪くなり、タンパク質の新陳代謝がうまく進みません。

体の中でいつも作られている細胞の1つに血液の赤血球があります。この赤血球の寿命は約4カ月です。それで、葉酸が不足すると、赤血球の交替がうまく行かなくなり、正常な
赤血球ができなくなります。そして、貧血状態を起こします。

この葉酸欠乏による貧血は悪性貧血で、巨赤芽球性貧血と呼び、子供に起こりやすいものです。同じような貧血は次に述べるビタミンB12でも起こります。こちらの方は成人に起こりやすく、特に胃を手術して、一部や大部分取ってしまった人に多い症状です。ですから、葉酸とビタミンB12は関係の深いビタミンということができます。

■ビタミンB12とは

葉酸に比べると、ビタミンB12を必要とする酵素反応は余り多くありません。人を始めとして哺乳動物では、わずか2つの酵素反応だけがビタミンB12必要としています。このビタミンB12はとても複雑な構造をしていて、普通知られている天然の有機化合物の中でも最も複雑なものだといえます。

このビタミンB12には、真ん中に金属イオンの1つ、コバルトが含まれています。ですから、人にとってコバルトが必要だという意味の1つに、このビタミンB12の構造が挙げられます。このビタミンB12を必要とする反応は、タンパク質の生合成に必要な反応なので、不足すると葉酸と似て悪性貧血を起こします。

そのため同じような巨赤芽球といわれる正常ではない赤血球ができるので、この2つのビタミンの欠乏症は、同じく巨赤芽球性貧血と呼びます。ただ、子供よりは成人に起こりやすい症状です。

このビタミンB12は細菌だけが生産し、カビや酵母、植物には含まれていませんし、作ることもありません。また、動物も作ることはできません。しかし、動物は細菌が作ったビタミンB12を肝臓に貯めていますので、食品としては、肝臓はよい供給源です。

ビタミンB12が見付かっていない頃、悪性貧血の治療に肝臓を食べさせることが効果があることが見付かり、1920年代から治療法として応用されてきました。

このビタミンB12を吸収するには、ただビタミンB12を食べさせるだけでは不十分で、胃から分泌される特別なタンパク質が必要です。このタンパク質のことを、体の中で作られるために内因子といいます。

それで、外科手術で胃を一部、あるいは大部分切除した患者さんでは、ビタミンB12の吸収が極めて悪くなり、ビタミンB12欠乏による悪性貧血を起こしやすいので、ビタミンB12を胃が十分な大きさに回復するまで、余分に投与し続ける必要があります。

以上、がん(癌)とビタミンB群に関する解説でした。

がんと闘うには、人間の体のことや栄養素についてもある程度理解しておくことが大切です。

何をすべきか、正しい判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-28.がんと栄養成分