25.抗がん剤・分子標的薬

TS-1の費用(値段)と治療期間

投稿日:

TS-1の費用(値段)と治療期間

胃がんなどに使われる抗がん剤、TS-1は錠剤で1日2回、朝・夕食後の服用を28日間続けます。その後14日間休薬します。それを6週ごとに繰り返します。

■注意点

空腹時に飲むと効果が弱まるとされます。副作用で食欲がない場合でも、少しでも食べてから服用するようにしましょう。また、他のフルオロウラシル系の抗がん剤(UFT、ゼローダなど)や抗真菌剤(アンコチル、ドメラジンなど)と一緒に使うと、TS-1の副作用が強く出ることがあります。

■投与期間と費用

1コースの期間(胃がんの場合):6週間

総コース数:効果があれば継続されます。

おもな副作用:食欲不振、吐き気・嘔吐、下痢、口内炎、発疹、白血球減少、貧血など

1コースあたりの薬剤費(保険適応前):11万3,500円

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

ガイドブック差し上げます

  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-25.抗がん剤・分子標的薬

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.