25.抗がん剤・分子標的薬

TS-1の費用(値段)と治療期間

投稿日:

TS-1の費用(値段)と治療期間

胃がんなどに使われる抗がん剤、TS-1は錠剤で1日2回、朝・夕食後の服用を28日間続けます。その後14日間休薬します。それを6週ごとに繰り返します。

■注意点

空腹時に飲むと効果が弱まるとされます。副作用で食欲がない場合でも、少しでも食べてから服用するようにしましょう。また、他のフルオロウラシル系の抗がん剤(UFT、ゼローダなど)や抗真菌剤(アンコチル、ドメラジンなど)と一緒に使うと、TS-1の副作用が強く出ることがあります。

■投与期間と費用

1コースの期間(胃がんの場合):6週間

総コース数:効果があれば継続されます。

おもな副作用:食欲不振、吐き気・嘔吐、下痢、口内炎、発疹、白血球減少、貧血など

1コースあたりの薬剤費(保険適応前):11万3,500円

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-25.抗がん剤・分子標的薬

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.