10.肝臓がん

肝臓がん 肝臓移植ができる時期と費用

肝臓がん 肝臓移植ができる時期と費用

肝臓がん(肝細胞がん)の治療を目的とした肝臓移植には、適正な実施時期があります。基本的には、「ミラノ基準」の範囲内にあれば移植の対象とされます。

しかし、より早期の、がんの直径が3センチ以下の段階で、多発性でなくても肝臓移植を行うべきだとして、それを実施している病院もあります。適正時期の判断がすべての医療機関で一致しているわけではありません。

また、肝臓がんと肝硬変が合併しているときには、それらの病状を総合的に判断して、移植時期を決定します。肝臓の機能の低下が進んで、集中治療室に入らなければならないような状態になると、たとえ移植を行っても1年生存率は60パーセント以下となり、移植の効果はあまり期待できません。この状態では、移植の時期をすでに逸しているということになります。

■生体肝移植の手続きと流れ

生体肝移植は通常、次のような手続きによって行われます。

まず、診断の結果、肝臓移植が残された最適の治療法であると判断されると、患者および家族にそのことが告げられます。このとき、患者が移植を希望すれば、担当医が正式に移植実施施設に紹介します。

実施施設は、被移植者と提供者に対して、移植についてのインフォームド・コンセント(説明に基づいて同意を得る)を行い、書面で手続きをします。これによって患者は、移植の意味やそれにともなうリスク(危険性)などを理解し、臓器提供者の意思も十分に確認します。

同時に、移植実施施設の倫理委員会が、移植申請の内容を審査します。委員会は当の移植医のほか内科医などで構成されます。そこで移植適応と認められると、患者は移植手術にそなえることになります。患者の病状により、自宅待機あるいは入院して待機するなどの方法がとられます。

もっとも、移植を必要とするような病状では、通常、自宅待機は困難です。ほとんどの症例では、審査期間もなるべく短縮し、早期に手術を行う必要があります。

■脳死肝移植

脳死肝移植の適応と判断された場合、患者および家族と担当医が相談のうえ、移植実施施設(2003年現在14施設)を決定します。その後、患者は担当医を通じて施設に紹介され、そこで診断を受けることになります。そして、移植コーディネーターによる1回目のインフォームド・コンセントが行われます。

移植施設の倫理委員会で移植適応が認められると、「脳死肝移植適応評価検討委員会」に適応評価申請書が送られ、さらに審査が行われます。ここで再度、移植を適応とする判断が下されます。

この段階で、患者が状況を十分に理解したうえで移植に同意した場合、はじめて、国内唯一の臓器斡旋機関である社団法人「日本臓器移植ネットワーク」への登録申請が行われます。ここに登録されなければ、日本国内で合法的な脳死移植を行うことはできません。

この後、移植希望者は、肝臓移植に適合する提供者が現れるまで、自宅または病院で待機することになります。そして、移植に適する提供者が現れた時点で、診察と最終のインフォームド・コンセントが行われます。

ここでも同意が得られたときに、移植手術が行われることになります。移植の優先順位は、「肝臓移植レシピエント選択基準(細則)」と呼ばれる基準に基づき、多くの希望者の中から病状や待機期間、臓器の搬送時間(肝臓の場合12時間以内)などに応じて決定されます。

ただし、脳死肝移植については、前述のように日本では臓器提供者がなかなか得られないため、多くの被移植希望者が海外へ出て移植を受けているという現実があります。

■肝臓移植に要する費用

・生体肝移植

生体肝移植は、医療保険が適用される場合と適用されない場合がありますが、肝臓がん患者は、一部の症例以外、適用されません(一部の症例とは、肝臓がんと肝硬変を合併し、かつミラノ基準に合致している場合)。

移植後にいったん退院した後の医療費は保険の適用となります。移植に要する費用は、保険が適用されない場合、被移植者(レシピエント)が約1000万~1500万円、臓器提供者(ドナー)が200万~250万円とされています。ただし、費用は個人差が大きく、手術後の経過によっては2000万円以上かかることもあるようです。

・脳死肝移植

脳死肝移植は、実施が認定されている施設の一部では、厚生労働省が認定する「高度先進医療」の対象になっています。手術後の入院費、管理費(免疫抑制剤を含む)には保険が適用されます。

移植手術そのものは適用外であるほか、これら以外にも、医師を臓器提供者のところまで派遣する費用、臓器摘出の費用等がかかります。ある推定では、移植初年度の費用は800万円程度とされています。

また、脳死肝移植を海外(アメリカ、オーストラリアなど)で受ける場合には、数千万円単位の費用がかかります。この場合でも、必ず移植を受けられる保証はなく、またたとえ移植を受けても、その後健康を回復できるという保証はないことを、理解しなければなりません。なお、おとなよりも子どものほうが高額になるようです。

以上、肝臓がんと肝移植についての解説でした。

肝臓がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-10.肝臓がん
-