10.肝臓がん

肝臓がんの症状「腹水・胸水」の治療法とは

投稿日:

肝臓がんと腹水・胸水・浮腫

肝臓がんが進行すると腹に水(腹水)がたまる可能性が高くなります。

原因は2つ考えられます。1つは、肝硬変の進行などによるものです。肝臓のはたらきが低下して、血中のたんぱく質の濃度が低くなると、腹水がたまりやすくなります。

もう1つは、腹膜(腹腔や臓器をおおう膜)にがんが転移したことが原因となって生じるものです(がん性腹膜炎)。

1.肝機能低下による腹水

肝硬変などによる腹水は、安静にする、塩分の摂取を控える、肝臓を保護する薬を使用するなどの方法で減少することもあります。

対症療法としては、利尿剤を使って余分な水分が体外に尿として排出されるようにします。腹水がひどい場合には、腹水穿刺を行います。これは細い管を腹に刺して、腹水を排出する方法です。

肝機能低下による腹水の場合、設備が整っている病院では腹水をろ過して濃縮し、再度腹部に戻すことがあります。これは、腹水内のたんぱく質を再利用して、腹水がたまりにくくなるようにする方法です。そのほか、たんぱく質の一種のアルブミン製剤を投与する方法もあります。

2.がん性腹膜炎

腹腔内に抗がん剤を注入することにより、腹水が減ることがあります。腹水の対症療法としては、利尿剤を投与します。腹水が大量にたまっているときには、腹水穿刺を行います。ただし、がん性腹膜炎の場合には、腹水のろ過・濃縮は行いません。

3.胸水の治療

胸水の原因は、肝機能の低下によるものと、がんが胸膜や肺に転移したことによるものがあります。

治療は腹水と同様、利尿剤で水分の排出を促します。胸水の量が多いときには、特殊な針で胸水を抜くか、細いチューブを胸腔に差し込んで、持続的に胸水が流れ出るようにします。

以上、肝臓がんで起きる腹水・胸水についての解説でした。

肝臓がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-10.肝臓がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.