いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

10.肝臓がん

肝臓がんの症状「黄疸」の治療法とは

更新日:

肝臓がんでなぜ黄疸が起きるのか

肝臓がんになると肝硬変が進行して肝臓のはたらきが低下したり、胆管が腫瘍によってふさがれたり(閉塞)して、黄疸になることがあります。肝機能低下による黄疸と胆管の閉塞による黄疸では、治療法が異なります。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


1.肝機能低下による黄疸

肝硬変による黄疸は、肝臓を保護する薬(ウルソデスオキシコール酸など)により、改善することがあります。ほかに、コレスチラミンなどの薬物を使う方法もあります。

この薬は、消化管の内部の胆汁酸と結合し、血液中の胆汁酸を減らします。しかし、効果がないことも多く、肝臓の状態が悪いときには投与に慎重にならなくてはなりません。

黄疸によるかゆみがひどいときには、飲み薬(吐き気止めのオンダンセトロンやアンドロゲン製剤、結核治療薬のリファンピシンなど)や塗り薬(うすい重曹液など)で対処します。

2.胆管閉塞による黄疸

胆管がふさがれているときには、胆汁を排出するドレナージ術を行います。これには経皮経肝胆道ドレナージ(PTCD/PTBD)と、内視鏡的逆行性胆管ドレナージ(ERBD)があります。

PTCDは、皮膚の上から針やチューブを胆管に通し、胆汁を吸いとる方法です。実際には、まず局所麻酔を行い、超音波で体内を見ながら、腹の上から針(ガイドワイヤー)を刺します。

ワイヤーが胆管まで通ったら、ワイヤーに沿って細い管(ドレナージチューブ)を送り込みます。すると、ここから胆汁が流れ出るようになります。この状態でワイヤーを抜き、チューブは皮膚に縫いつけます。

このとき、チューブを使わず、ステントと呼ばれる網状の金属の管を胆管内に留置することもあります。PTCDの際には、肝臓から出血するおそれがあるため、出血が止まりにくい患者は、この治療を受けることができないことがあります。

他方ERBDは、小腸にある胆管の出口から胆管の閉塞部まで細い内視鏡を通し、胆汁を吸いとる方法です。肝臓がんの場合は一般に、このときステントを胆管内に留置します。

以上、肝臓がんで起きる黄疸についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-10.肝臓がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.