05.肺がん

肺がんの検査「胸腔鏡検査」と「縦隔鏡検査」

投稿日:

肺がん胸腔鏡検査

肺がんの有無を調べるため、痰を調査したり、気管支鏡で組織を採取して調査したりしても、がんの有無がはっきり分からない場合は、胸腔鏡(きょうくうきょう)検査がおこなわれます。胸腔鏡検査とは、内視鏡を使った手術のひとつです。

CCDカメラ技術の進歩とともに、内視鏡の性能やサイズも随分改良されました。このため、通常の手術のように大きく胸を切り開かずに内視鏡を使って、胸に小さな穴をあけ手術をおこなうことができるようになっています。

■肺がん胸腔鏡検査の進め方

胸腔鏡検査は全身麻酔でおこないます。最近では、検査目的で大きな処置をおこなわない場合、局所麻酔でおこなわれることもあります。

一般には、胸の3カ所に1cm程度の小さな穴をあけて、内視鏡と2台のビデオカメラを入れます。手術中は直接的に病変患部はみえませんので、カメラの撮影映像をみながら手術をおこないます。

胸腔鏡のメリットとしては、切開が少ないため、傷が小さく痛みが少なくすみ、からだへの負担が少ないということです。一方、デメリットとしては、通常の手術と比べて、技術的にむずかしいという点です。

■その他の方法「縦隔鏡検査」「開胸検査」とは

縦隔鏡検査とは胸腔鏡と同様、内視鏡を使った手術です。胸部を小さく切開して縦隔のなかを観察したり、気管の周囲のリンパ節を採取して、転移を確認したりします。

また、開胸生検とは、外科的に開胸手術を行い、腫瘍から直接がんの組織を採取して検査する方法です。これはさまざまな検査でも診断がつかないときや、画像診断から肺がんであることが確実でほかに転移もなく、手術が可能であるときにおこないます。

肺がんが確定したときには、そのまま肺の一部を摘出する手術がおこなわれることもあります。

以上、肺がんの検査法についての解説でした。

肺がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-05.肺がん
-

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.