05.肺がん

肺がんで使われる腫瘍マーカーの種類

更新日:

肺がんで使われる腫瘍マーカーの種類

腫瘍マーカーとは、がん細胞でたくさんつくられるタンパク質や酵素のことです。

がんがあるかどうか、どのようながんがあるか、どのくらい進行しているかなどを知るための、有力な指標となります。肺がんでは、つぎの腫瘍マーカーが、有用なものとして使われます。

CEA

CEAは、もともと大腸がんの腫瘍マーカーとして使われていました。その後、肺がんなどほかのがんの腫瘍マーカーとしても有力な指標となることがわかりました。

肺がん全体では、CEAが陽性になる確率は約50%です。したがって、肺がんがあるかどうか(感度)、また肺がんかほかのがんかの区別(特異度)にはあまり有用ではありません。

しかし、肺がんと確定され、抗がん剤治療などを受けたときはその効果があるとマーカー値が低下し、再発すると上昇するので、治療経過のチェックには役立ちます。

SCCとCYFRA21‐1

SCCとCYFRA21‐1は、肺がんの扁平上皮がんの腫瘍マーカーです。SCCでは、扁平上皮がんの約60%が陽性になります。扁平上皮がんだけでなく、ほかの組織型のがんでも20~30%は陽性になります。

CYFRA21‐1は、SCCよりも陽性率が高く、治療効果や再発・進行の経過についても正確に反応を示します。

NSEとPrOGRP

NSEとPrOGRPは、肺がんのうち、小細胞がんに特異的な腫瘍マーカーです。PrOGRPのほうがNSEと比べて、治療効果や再発・進行時の反応において信頼性が高いものです。どちらも非小細胞がんでも陽性を示すことがあります。

ただ、非小細胞がんの場合には、抗がん剤や放射線への感受性が高いといわれています。

SLX

SLXは、肺がんの腺がんに比較的特異的な腫瘍マーカーです。肺がんの進行をチエックするケースでは、より陽性率が高くなります。
このように肺がんの増悪や減少を確認するための腫瘍マーカーはいくつかの種類があります。腫瘍マーカーは、血液検査でおこなえるために使いやすいといえます。

ただし、それはあくまでも補助診断に使われるものです。なぜなら、腫瘍マーカーで陽性と出ても、肺がんではない場合もありますし、肺がんでも陽性と出ない場合もあるから
です。つまり、腫瘍マーカーは陽性率や治療効果、再発・進行の判定などには有用ですが、がん発見のためには必ずしも有用とはいえない限界もあるということです。

肺がんの確定診断のためには、やはり病理生検査などのきちんとした肺がんの検査が必要です。

以上、肺がんの腫瘍マーカーについての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

-05.肺がん
-

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.