01.サポート会員の声(個別)

食道・胃接合部がん(早期)・森さん | 患者さんの声・評価・感想

投稿日:

食道・胃接合部がん(早期)

 

「癌を治す生き方」を読みました。
癌を治すだけでなない深い意味を感じました。

私の癌は食道と胃の境界にあって、約6mmだそうです。来週内視鏡手術を受けますが、まさに切除すれば終わりではないと考えて体質、性格を変えなければ同じことを繰り返すと感じて、インターネットでいろいろ調べていました。

(1)患者さんはどなたか(例:本人、配偶者、親、など)
本人です。ただし潰瘍性大腸炎を患っている息子にもこの内容を伝えたいと思っています。
(2)年齢
62歳
(3)お住まいの都道府県
神奈川県(手術は○○病院で受けます)
(4)がんの部位と種類
食道がん、あるいは胃癌
(5)現在のがんの進行度
早期としか聞いていません。約6mmで、亜州大でよく見つかったと日本の病院では驚いていました。
(6)はじめてがんが見つかった時期
2014年5月14日の検査
(7)これまでの治療経歴
小腸ポリープが昨年7月に見つかって定期検査を受けていました。肝臓にもポリープがあるし心臓にも水泡があるようで、1 年に一度の検査が必要と言われています。

問題の癌は11月の検査では見つかっていませんでしたが、5月14日の検査で見つかりました。最初韓国の健康診断で見つかり、以後韓国の亜州大病院で検査を受けていました。
亜州大では異形性細胞と言われましたが、日本の病院では癌細胞と言われました。私はペースメーカーを植え込んでいるので、安全のため埋め込み手術を実施した○○病院で手術を受けることにしました。7月25日に内視鏡手術を受けます。

かなり難しい場所らしいですが、内視鏡手術で勝算ありというころで、手術をしてもらう ことにしました。問題はその後で、体質改善をしなければいけないと思って、取り組もうと思っています。

このような考えを持ったのは私は白血球が3000ト低いし、甲状腺炎に罹って薬も飲んでいるし、今回の健康診断で副甲状腺機能亢進症の可能性も出ています。ストレス検査も最悪レベルです。

とても癌になりやすい体質だと思って、体質を変えようと考えています。あと数年は韓国で頑張りたいので。職場はかなりストレスがかかる職場ですが、やりがいもあるし、生涯付き合いたい方々もできて、韓国で暮らしたいと 思っています。

検査は日本で定期的に受けるべきか、韓国で受けるべきかは病院で相談しようと思っていますが、あくまで検査で、自分で体質改善に取り組もうと思っています。

実は今は酵素を毎食後採っています。また、チャーガやサンファン(メジマコブ)を韓国の友達が紹介してくれてお茶代わりに飲み始めています。

入院中、推薦いただいた書籍を読もうと思っていますし、退院後は○○を実施したいと思います。

(8)サポートを受けたいと思った理由、解決したい悩み。
取りきれなかった場合は、開腹手術になると言われていますが、その時どうするかを相談したいと思っています。韓国は単身赴任で、食事は今まで3食とも、会社で採っていました。辛い料理が多いためか、午後からは下痢をすることが多い生活を繰り返しています。

また水道水をろ過しているだけと聴いて、今は摂取していません。下痢症状は大分緩和されましたが、まだ調子が悪いです。これからは朝は○○だけにするつもりですが、昼食は仕方がないと思っています。

夕食は、これからは自宅で自分で作ろうと思います。何か、このような生活環境で気をつけた方が良いことがあればサポートをお願い致します。

・・・

個別の治療相談は会員制です。

はじめての方はまず、無料ガイドブックであるこちらをご覧ください。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

私がどのようなスタンス、考え方でサポートをしているかなども記載しています。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-01.サポート会員の声(個別)
-, , , ,

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.