07.乳がん

乳がんの放射線治療の進め方と副作用

投稿日:

乳がんの放射線治療の意味と副作用

「放射線治療」は、放射線を照射した部分に効果を発揮する局所療法です。放射線には、DNAにダメージを与えて修復を阻害することで、がん細胞を死滅させる効果があります。

乳がんの放射線治療は主に、手術でがんを切除した後に乳房やその領域の再発を予防するための治療と、転移した病巣による症状(骨の痛みなど)を緩和するための治療が行われています。

乳房温存術では乳がんを完全に切除したつもりでも、目には見えないほどのがん細胞を取り残している可能性があります。放射線治療は、そうした目に見えないがん細胞を死滅させる目的で行われます。

放射線と言うと、「体に放射線が残って障害を起こす」という被曝について危惧する人が多いですあ乳がん治療で照射される放射線量は、体に悪影響を及ぼさないように設定されるため心配はありません。

なお、放射線はがん細胞も正常細胞も通過しますが、がん細胞の方が放射線による影響を受けやすく、正常細胞はダメージを受けにくい上に、ダメージを受けても回復しやすいため、がん組織を中心に攻撃することができます。

放射線治療では、リニアックやマイクロトロンといった名前の装置を使いますが、これらは通常のX線写真を撮る装置よりも格段に高いエネルギーの放射線を発生するので、体の深部にあるがんでも効率的に攻撃することができます。

■放射線治療の進め方

放射線の種類はたくさんありますが、がんの治療に使われるのは、「X線、γ線、電子線」などです。放射線を照射する範囲や量は、放射線治療を行う目的、病巣のある場所、病変の広さなどによって選択されます。

放射線治療を行う手順は、まず、放射線の専門医が、患者さんが受けた手術の状況やCT検査の結果などを見ながら、どこにどれくらいの量をかけたらよいかを決めます。次にシミュレーターと呼ばれる装置を使って、実際に放射線を当てる部分に消えにくいインクで印をつけます。

この印は照射範囲を示す大事なものですので、治療が終わるまでつけておきます。色落ちすることも多いので、下着は色がついてもよいものを着るとよいでしょう。そして、通常は、1日に1回放射線をかけます。放射線をかけている時間は1~2分間程度です。

乳がんの放射線治療のスケジュールは、1回2グレイ(放射線量の単位)を1週間に5回、患側の乳房全体に5~6週間(25回程度)照射して、総照射量50グレイ程度を標準としています。
さらに、病理検査の結果、温存した乳房に非浸潤性乳がんが残っている場合や切除した断端部近くにがんがある場合には、切除断端周辺への追加照射が行われます。

この場合は1回2グレイで5回程度追加して照射します。つまり、追加を含む30回の放射線治療を行うことになります。

通常、放射線療法の多くは外来での治療ですが、骨転移や脳転移などで全身の状態がすぐれない場合は、入院治療が勧められます。

乳がんの性質によって、放射線療法のみを受ければよい患者さんと、放射線療法と薬物療法の両方を受ける必要がある患者さんがいます。

放射線療法だけを行う場合は、術後数週間して治療を始めるのが一般的です。薬物療法、とりわけ抗がん剤治療を予定している場合は、まず抗がん剤治療を行い、その後で放射線を照射するのが一般的です。

抗がん剤治療には3~6ヵ月を要しますが、その副作用からの回復期を含めると、放射線療法の開始は手術後おおよそ半年前後になります。

■放射線は同じところに再照射できるか

乳がん温存術後の放射線治療は、1度照射したところには再照射しません。転移性脳腫瘍に全照射した後の再発に対する照射や骨転移に対する再照射などを除いて、同じところには照射しないことが原則です。

2度同じところに照射した場合には、副作用の頻度がそれだけ増加し、デメリットの方が大きいからです。

■放射線療法の副作用

ほとんどの場合、放射線照射による大きな副作用は現れません。副作用が現れるのは、照射した部位に限られますが、乳がんの場合は胸壁、周囲のリンパ節領域で、頭髪の脱毛、吐き気はなく、白血球減少も起こりません。

放射線を当てている間に、疲れやだるさを感じる人もいますが、基本的には、日常生活や仕事をしながら受けることが可能です。

治療を開始して3~4週間後くらいで、放射線が当たっている範囲内の皮膚が日焼けをしたように赤くなることがあります。皮膚が黒ずみ、汗腺や皮脂腺の働きが一時的に衰え、触れると暖かく感じたり、皮膚もカサカサしたりします。皮がむけたり、水ぶくれのようになることもありますが、治療が終了すれば1カ月位で軽快します。

また、乳房温存術後の放射線治療は、乳房全体が少し腫れて硬くなったり、痛むことがありますが、これらの症状は1~2年程度で消失します。しかし、稀には乳房が硬くなったままということがあります。

なお、乳がんの放射線治療に伴って、新たに体の中にがんが発生する「二次がん」の確率が高まることはありません。

以上、乳がんの放射線治療についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-07.乳がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.