11.腎臓がん

腎臓がんの予後と再発の可能性

投稿日:

腎臓がんの予後と再発の可能性

腎臓がんは、近年、職場健診や人間ドックで、よく発見されるようになってきました。

腎臓は、身体の奥まったところに位置するため、また、病変が小さいうちは、これという症状が出にくいために、初期の段階で発見されることはあまりありませんでした。

血尿や脇腹の痛み、あるいは、大きくなった腫瘍に体外から触れたり、肺や骨の転移による症状から見つかることが多かったのですが超音波断層法(CT)が一般の検診で用いられることが増え、状況が変わりました。

以前と違い、通常の検診発見される、ということが増えました。腫瘍の径が、3cm以下の小さながんでも見つかるようになり、早期発見が可能になりました。

な、腎臓がんは、小さなうちであれば予後のよいがんです。

また、腎臓は他の臓器と違って左右2つあるため、1つを取っても、生活にたちまち支障を来すということにはなりません。生活の質に多大な影響はでません。

腫瘍がごく小さいものであれば、部分切除といって、腫瘍を含む腎臓の一部のみを切除することも可能です。切除が無事にできれば再発しにくいのも特徴の1つです。

いっぽう腎臓がんは、大きくなったり、転移した後の予後はあまりよいとはいえないがんです。

比較的ゆっくり進行するがんですが、腎臓には血液を濾過するために血管がたくさん集まっていますので、がんが大きくなると血液を介して全身に転移しやすくなるので、この点に注意が必要です。

大きくなるほど転移しやすくなります。転移しやすい臓器としては「肺・副腎・肝臓・骨・脳」が挙げられます。腎臓がんは、がんが大きいか小さいかによって、その後の治療が変わってきます。

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-11.腎臓がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.