13.皮膚がん

皮膚がんのおもな症状

投稿日:

皮膚がん症状

皮膚にできた「びらん」や潰瘍などがいつまでも治らない場合、皮膚がんの可能性があります。

また、ふつうのほくろよりも大きく、不定形で、赤褐色または褐色に皮膚がもり上がっている、肉が崩れて見える、出血しやすい、指で押すとしこりとして感じるなども、皮膚がんの疑いがあります。(これらの症状があっても皮膚がんではないこともあります)

皮膚がんは一般に、顔、頭部、首、手、背中など、露出していて日光に当たりやすい場所に生じます。確率は低いものの、男性の陰茎(とくに包茎で性器を不潔にしている人)にも発症しやすいとされます。

メラノーマは足の裏に生じることがもっとも多く、ときには唇などの粘膜に発生することもあります。また、放置するといずれ皮膚がんに進展すると見られるいわゆる「前がん病変」として、日光角化症、ボーエン病、パージェット病などがあります。

これらの病変に自分で気づくことはまれですが、専門医が発見して、切除、放射線治療、凍結治療などによって病変を完全に取り除けば、がん化を防ぐことができます。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010

-13.皮膚がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 AllRights Reserved.