08.子宮頸がん

子宮頸がんの子宮全摘術

更新日:

子宮頸部

子宮頸がんにおいて、早期の場合は円錐切除術をまず行うのが標準治療です。円錐切除術で対応できないと考えられる場合は子宮の全摘手術が提案されます。

50歳以上の患者さんや45歳以上で月経が不順(閉経真近)な方の場合、子宮頸がんにおける円錐切除術にはリスクがあります。30歳代までの方の場合はがんが膣腔側にせり出してくるため、奥行きを1.5cmほど切除すれば断端陽性(がんの残存)は少ないのですが、閉経以後になると、病巣は奥に向かって伸びていく傾向が強まり、断端陽性となる可能性が高くなり、根治(目に見えるがんを全て取りきれる)確率が低くなります。

また、月経がなくなると、子宮頸部が狭くなり、子宮の奥側のがん検診ができなくなります。すると、適切な検診ができないため、がんが進行して初めて診断がつくという事態になってしまうことがあります。

そのため、多くの病院では閉経近くの方、50歳を超えている方には円錐切除術は行わずに、子宮全摘術が提案されるのです。

子宮全摘術にはおなかを切る方法(腹式単純子宮全摘術)と、おなかを切らずに膣のほうから子宮を全摘する方法(膣式単純子宮全摘術)がありますが、後者の膣式単純子宮全摘術を行うことが多いです。この手術は術前2日、術後5~7日の入院で、3週間程度で日常生活への復帰が可能です。

「膣式単純子宮全摘術」とは、卵巣やリンパ節は切除しないで、子宮だけを摘出する手術です。一般的には、早期の子宮頸がんで妊娠を希望しない方へ、円錐切除術に次ぐ選択肢として行われています。

「膣式単純子宮全摘術」は、良性の子宮筋腫の場合にも行う手術ですが、0期がんでは、子宮頸部に接する膣壁も5mm以上切除することと、子宮頸部筋層に切り込まずに子宮外膜の外側で切除することから「拡大」という言葉が付き、「膣式拡大単純子宮全摘術」といいます。

45歳以上の場合、子宮膣部円錐切除術より、膣式拡大単純子宮全摘術のほうがメリットが大きいといえます。子宮全摘術後に膣壁に0期がんが出てきたということもありますが、その頻度は少なく、99%は手術で根治が可能と考えられ、将来的な膣がん発生の可能性は低いといえます。

以上、子宮頸がんの手術についての解説でした。

子宮がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

----------------------------

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

たった1つの条件とは

 

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

5つのルール

 

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-08.子宮頸がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.