01.サポート会員の声(個別)

子宮がん・みほさん|患者さんの声・評価

投稿日:

mail0029

子宮体癌の手術を終え、5月初旬に退院致しました。現在自宅療養中です。
進捗を報告させて下さい。また、今後のアドバイスがあれば是非お願いしたいと思います。

医師から癌発覚時のⅠb期から進行し、Ⅱ期になっている事が確実だろうと直前まで言われましたが、最後までリンパ節廓清を拒否し、標準治療ではない異例の単純子宮摘出(子宮全摘出、両卵管・卵巣の切除)を行いました。

手術1週間後、予想以上に大きな傷口を見たときのショックは相当なものでしたが、リンパ廓清を行っていたら、胃からの開腹だったので、それを思うと自分を納得させる事ができました。
入院中の2週間は、医師が「リンパを取らなかったので、追加治療として6カ月の抗がん剤は必須です。」と毎日言われていました。昨日が、とうとう病理結果が出る日でした。自分でいろいろ考え、どんな結果を告げられても、抗がん剤は拒否しようという決断を持って、病理結果を聞きに行きました。

そうしましたら、奇跡がおきました。癌は子宮内膜にとどまっており、浸潤は全くどこにもなかったとの結果でした。一番初期のⅠa期だったのです。この段階とわかっていれば、卵巣の摘出の必要もなかったし、もちろんリンパも取る必要はないステージでした。不幸中の幸いで、本当に嬉しい瞬間でした。

でも、もし、はじめから医師の言う通り、広範囲手術を受けていたら、リンパもすべて取られ、大きな傷跡と後遺症に今後何年も悩まされるところでした。卵巣はもう取ってしまったので仕方がないですが、リンパを守れてよかった。そして、抗癌剤治療も免れてよかった。今後は経過観察に入ります。

卵巣を取ったことにより、早速めまい、突然の発汗、偏頭痛などが起こっていますが、これは今までの不摂生の自分への戒めとして、今後自分の身体を労っていきたいと思います。

再発だけはしないように、食生活に心掛けていきたいと思います。本当にいろいろ助けて頂いて、ユウジさんとの出会えた幸運に本当に感謝しています。

あと1週間ぐらい、体力の回復をはかって、仕事に復帰しようと考えています。本当に自分の節目になるような、経験です。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.