01.サポート会員の声(個別)

子宮がん・みほさん|患者さんの声・評価

投稿日:

mail0029

子宮体癌の手術を終え、5月初旬に退院致しました。現在自宅療養中です。
進捗を報告させて下さい。また、今後のアドバイスがあれば是非お願いしたいと思います。

医師から癌発覚時のⅠb期から進行し、Ⅱ期になっている事が確実だろうと直前まで言われましたが、最後までリンパ節廓清を拒否し、標準治療ではない異例の単純子宮摘出(子宮全摘出、両卵管・卵巣の切除)を行いました。

手術1週間後、予想以上に大きな傷口を見たときのショックは相当なものでしたが、リンパ廓清を行っていたら、胃からの開腹だったので、それを思うと自分を納得させる事ができました。
入院中の2週間は、医師が「リンパを取らなかったので、追加治療として6カ月の抗がん剤は必須です。」と毎日言われていました。昨日が、とうとう病理結果が出る日でした。自分でいろいろ考え、どんな結果を告げられても、抗がん剤は拒否しようという決断を持って、病理結果を聞きに行きました。

そうしましたら、奇跡がおきました。癌は子宮内膜にとどまっており、浸潤は全くどこにもなかったとの結果でした。一番初期のⅠa期だったのです。この段階とわかっていれば、卵巣の摘出の必要もなかったし、もちろんリンパも取る必要はないステージでした。不幸中の幸いで、本当に嬉しい瞬間でした。

でも、もし、はじめから医師の言う通り、広範囲手術を受けていたら、リンパもすべて取られ、大きな傷跡と後遺症に今後何年も悩まされるところでした。卵巣はもう取ってしまったので仕方がないですが、リンパを守れてよかった。そして、抗癌剤治療も免れてよかった。今後は経過観察に入ります。

卵巣を取ったことにより、早速めまい、突然の発汗、偏頭痛などが起こっていますが、これは今までの不摂生の自分への戒めとして、今後自分の身体を労っていきたいと思います。

再発だけはしないように、食生活に心掛けていきたいと思います。本当にいろいろ助けて頂いて、ユウジさんとの出会えた幸運に本当に感謝しています。

あと1週間ぐらい、体力の回復をはかって、仕事に復帰しようと考えています。本当に自分の節目になるような、経験です。

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-01.サポート会員の声(個別)
-, ,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.