14.膀胱がん

膀胱を全摘出しない、膀胱がんの治療法とは

更新日:

boukou009

ステージ2以降の膀胱がんでは、膀胱全摘出が第一選択です。

ですが膀胱を全摘すると自力での排尿が難しくなり、治療後の生活の質は著しく低下してしまうといえます。そんな現状のなか、膀胱を全摘しないで対処する「膀胱温存療法」が注目されています。

従来の膀胱全摘出の問題点

がんが筋層に浸潤したステージ2~3期の膀胱がんの場合、一般には膀胱全摘が行われます。ただし、膀胱全摘の手術はリスクが高い手術であり、体への負担も大きいといえます。手術後は新しい尿路を作ったり(この処置を回腸導管造設術といいます)、回腸を代用した袋を作って、そこに尿管や尿道をつなげたり(新膀胱造設術)、尿を体の外に出すための対処が行われます。

しかしストーマ造設後でも尿が漏れることがありますし、新膀胱を造設しても2、3時間おきにチューブによる導尿をしなければなりません。日常のストレスはとても強いものだといえます。こんなことになるのなら止めておこう、と治療をあきらめる人も少なくないのです。

高齢であったり、合併症をもっていて手術や難しい場合や、手術は可能でも認知症のため術後のストーマ管理ができないという場合もあります。

膀胱温存療法とは

膀胱温存療法とは、ひとことでいえば膀胱を全摘しないでできるだけがんを根治しようとする療法です。「化学療法+放射線治療」あるいは「放射線をかけたうえで部分切除を行い、化学療法を加える」といった方法が行われています。

膀胱温存療法は、がんの場所や浸潤の範囲によってできない場合もありますが、実施できるのなら体への負担も全摘より軽く、自力で排尿できるというメリットがあります。

とはいえ、病変の臓器を手術よりも「根治性(目に見えるがんを取り去る)」はどうしても劣るといえます。自力での排尿は難しくなっても、再発のリスクを最小限にするために全摘をしたいと考える方もいます。

選択肢があるのはよいことですし、どちらか選べる条件なのであれば、医師としっかり話をして決めましょう。

以上、膀胱がんについての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

-14.膀胱がん
-,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.