がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

02.がんについて

がん治療におけるエビデンスとガイドラインの意味とは

更新日:

ガイドライン

エビデンスにもとづく医学とは

過去、医学は「人それぞれの考え方・治療」を行うことが主流でした。つまり医師の直感、経験、学習などから導かれたものをベースとして診療が行われていたため、医師や地域により診療内容に大きなばらつきがあったのです。

しかし現在ではあらゆる医学的な根拠を客観的に評価することが強いられる時代になりました。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

いまよくいわれるEBM(Evidenced Based Medicine)すなわち「エビデンス(根拠)にもとづく医学」とは、「入手可能でもっとも信頼できる根拠となる事象を把握し、そのうえで個々の患者の価値観や病状などを考慮して医療を行うこと。またそのような医療を行うための一連の行動指針」と定義されています。

たとえば、臨床試験もランダム化比較試験によって、思い込みによって生じる偏りや、プラセボ効果(偽薬効果)などを排除できるようになりました。そしてこのような臨床試験の一般化により質の高いエビデンスが集積され、さらにはコンピューターやインターネットの普及も相まって、診療の標準化が世界レベルで進んでいます。

がん治療は複雑であり、すべての治療がEBMに基づいているわけではありませんが、EBMの普及により、医療は治療効果の向上を目指すだけでけでなく、医学教育の改良や医療体制の透明性をはかるなど、あらゆる医療分野での決定プロセスに変化が生じています。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


すべての患者には適用できない「ガイドライン」

がん治療における、部位ごとに定められたガイドラインは診療に携わる医師あるいは患者を対象にしており、EBMの観点から適切な治療法の選択肢を示すものです。

ガイドラインの目的は、治療の標準化を行い、安全性や治療成績の向上を目指すとともに、医療側と患者側の相互理解を深めることにあります。

ガイドラインは「守るべきルール」のように扱われることは多いものの、実際にそのまま適用できる患者は50~60パーセントともいわれています。

さらにがんが転移・再発した場合には、個々の患者について治療効果や副作用を慎重に観察しながら、1次治療、2次治療、3次治療と進めていきます。ですから、「このとおりにやりなさい」と厳格にガイドラインを定めることはできません。ある程度の道しるべとなる治療のやり方や根拠を示したもの、だといえるでしょう。

インターネットにより、欧米のガイドラインを閲覧することが可能になりました。しかし日本と欧米では医療制度や各種のがんに対する診断および治療に対する考え方や治療成績が異なっています。日本と欧米では手術の方法などが異なり、体質や生活環境にも違いがあるので、これは当然ともいえます。そのため、ガイドラインにもまた相違点があるのが事実なのです。

EBM・エビデンスの意義

EBMが広まったことは医療の標準化を進め、がん医療においても"底上げ"に貢献していることは間違いありません。

しかし、その一方で新たな問題を投げかけています。

医師たちの多くは以前は、治癒を目指す手術が困難ながん患者に対しては、「とりあえず効く抗がん剤の治療をしましょう」などとその後の経過や余命には踏み込まない話していました。

現在では「現時点で最良の治療は、抗がん剤治療をすることです。しかし残念ながら、あなたのがんが治る見込みはありません。がんとの共存時間をより長くし、有意義な生活を送ることを目標に考えましょう」というように説明することが多くなりました。

エビデンスが提示するものは医療がもつ力というより、その限界です。たとえば「手術後の5年生存率は70パーセント」というデータは生存率が高くも思えますが、10人のうち3人は治らずに死ぬことを意味します。そして、患者にとっては10人のうち7人の治るグループに入るか、3人の治らないグループに入るかは100パーセントかOパーセントのいずれかです。

さらにがんが再発した場合、「生存期間の平均値は10カ月」というのは、10人のうち4人は10カ月は生きていられないことを意味します。

これまで曖昧にされてきたことや、見たくない現実であっても、データに基づくことである程度は見えてきてしまう、ということです。これは「すべてを知ってから考えたい。受け入れたうえで対処したい」という時代の流れを表しているといえますが、厳しい現実を受けいれることはとても勇気のいることだといえます。

以上、エビデンスについての解説でした。

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-02.がんについて
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.