がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

「がんと共存」などしない。

がんを治すための『たった1つの条件』とは?.

詳しくは↑のページで

02.がんについて

がん治療の目的と、患者として理解しておくべきこと

更新日:

gankanja

日本には医師のことを「お医者様」「先生」と敬う歴史があります。

それにより「医学の専門家である医師は患者や家族よりつねに上位の人間であり、患者や家族は黙って医師の指示に従っていればよい」という社会的風潮は根強いものがあります。

しかし、このような考え方は現在の医療、とくにがんの治療に関しては大きな障壁になります。

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

本来、患者は治療法やその効果と副作用、リスク、治療に要する期間、費用などについて医師から十分な説明を受けたうえで、提示された治療法を受け入れるか拒否するかを自ら選択したり決定したりする権利をもっています。

近年では、1人の専門医にすべてを任せるのではなく、外科医、放射線医、腫瘍内科医など各分野の医師が共同して治療にあたるチーム医療制や、他の病院などの専門医の意見を聞く「セカンド・オピニオン」制も広がっています。自分の生死にかかわる問題を医師任せにした時代はすでに過去のものです。

しかしながら、自分の意思を明確にしたり、医師が示した治療法に対して意見や希望を述べるには、患者や家族もその病気についてなるべく多くの知識をもつことが必要です。病気や治療についての知識をもたないまま、医師や病院に無理難題をもちかけても、会話が成立しませんし限られた診療時間内では解決しません。医師や病院を困らせ、治療を困難にしてしまう原因になります。

また、何をもって治療が有効であったとみなすか、治療の目標地点についての医師側と患者側の認識をおおむね一致させておかないと、その目標に向かって双方が協力して立ち向かうこともできません。

そして、患者や家族が治療法の選択に加わった場合には、それによって生ずる結果に対して一定の自己責任を負うべきです。結果が自分の期待通りでないからといって医師や病院を責めるようなことがあるとしたら、それは見当違いのふるまいともなり得ます。

これらの問題を考えるには、まずがんの治療目的がどのようなものかを知っておく必要があります。そこで、アメリカのアメリカがん協会の資料から、現在のがん治療の考え方を記しておきます。

がん治療の目的は何か?

治療の第一の目的は病気を治すことです。しかしがんの場合「治す」という定義は必ずしも統一されているとはいえません。実際のがん治療には、状況に応じてそれぞれ次のような目的があります。

1.見つかっているすべてのがん細胞を取り除く。
2.最初に発生したがん(原発がん)の再発と転移を防ぐ。
3.がんの治療効果と副作用のバランスを計る。

そして、以上の治療目的が達成できずにがんが再発したり急速に成長した場合、治療法には次の新しい目的がつけ加えられます。

4.がんをなるべく現状にとどめるため、がんをより直接的に攻撃する治療法を実施する。

5.すべての妥当な治療法を使い果たした場合には、(がんそのものではなく)がんによって患者に生じる痛みなどの症状を和らげる処置を行う。

以上のような治療の指針を実行するために、医師は、よく知られている治療を単独で実施したり、あるいはいくつかの治療を組み合わせて用います(ほとんどの場合”組み合わせ”になります)。

がんの治療は「標準治療」といわれる次の3種類、「手術」「化学療法(抗がん剤治療)」「放射線治療」と、それ以外の治療(実験的治療)に分けられます。ちなみに実験的治療というのは、その手法や治療効果はまだ確立していないものの、将来の治療として可能性があると期待されているものです。

はじめの3つの治療で効果を得られなかった患者は、しばしば実験的な治療を希望することがあり、他方、医師の側も、再発したがんや末期のがんの患者に対してこれらの治療法を紹介し、勧めることがあります。

さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

激しい下痢や嘔吐、食事も出来なくなり、最終的に輸血まですることに。

その後も医師からは異なる抗がん剤を勧められましたが、本村さんの助言を支えに、抗がん剤を中止し、食生活などの見直しに取り組んでまいりました。

今では体重も6キロほど増えました。本村さんとの出会いが無ければ、母はここにはいないと思っております。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-02.がんについて
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.