16.前立腺がん

前立腺がんの治療法「HIFU(高密度焦点式超音波療法)」とは

更新日:

hifu04

HIFU(ハイフ―。高密度焦点式超音波療法)は強力な超音波を使って、65度以上の高熱をピンポイントで発生させ、前立腺がんを凝固壊死させる治療です。

具体的には治療を受ける患者に腰椎麻酔をし、肛門から直腸にHIFU用の超音波プローブ(端子)を挿入し、術者はモニターで超音波画像を見ながら、同じプローブでHIFU治療を行います。

このHIFUは誰もが理科の実験で行った、太陽光線を虫メガネに通して黒い紙の上に焦点を当てるしくみとほぼ同じです。超音波の焦点領域はピンポイントで、その小さな焦点領域をコンピュータコントロールにより、少しずつ重ねるように移動させることで、目的とするがん部分のみを焼灼します。

ただし、ずっと超音波を照射し続けていると熱くなりすぎるので、3秒照射、3秒休むという形でクールダウンしながら行われます。治療時間は平均70分で術後3~4時間後には水分の摂取や歩行が許されます。

この治療の利点は短時間で行える、患者の体に負担の少ない治療という点です。ただし、合併症として尿道狭窄、尿道直腸瘻、ED(エレクタイル・ディスファンクション=勃起障害)などがあります。

なお現在、HIFUの適応条件は以下の4点をクリアする必要があります。

①がんの進行度がステージ(病期)T1~T2で他に転移がない。
②治療前の最も高いPSA値が20ng/mlまで。
③前立腺の大きさが40グラム以下。
④前立腺の中に1センチ以上の大きな結石がない。

以上、前立腺がんのHIFUについての解説でした。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-16.前立腺がん
-,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.