27.がんと食事・食材

がん(癌)とミカン ~がんへの効果と栄養成分について~

更新日:

がん(癌)とミカン

ミカンの特徴

主成分のビタミンCは風邪や血管の老化を防ぐほか、シミ、ソバカスなどの肌トラブルを予防し、粘膜を守ります。酸味のクエン酸は疲労回復に有効です。ペクチン、ビタミンPも含まれ、動脈硬化や高血圧に効果的に働きます。

オレンジ色の色素に含まれている「βクリブトキサンチン」は体内でビタミンAとして働き、免疫力を高めて、抗酸化作用を発揮します。

成熟したミカンの実の皮を乾燥させたものを「橘皮(きっぴ)」と呼び、橘皮の古いものを「陳皮(ちんぴ)」といい、せき止め・去痰・吐き気止めなどの処方に、漢方生薬として使われています。

【がん(癌)に作用されると言われている成分】

農林水産省、京都医科大学などの共同研究で、βクリプトキサンチンに発がん抑制効果があると報告されています。マウスの実験ですが皮膚がん、大腸がん、肺がんなどの予防効果があるとしています。

【調理方法のコツ】

ミカンの袋の白いすじには高血圧や動脈硬化を予防する成分(ヘスペリジン。ビタミンPの一種)が豊富なので、できるだけとらずに食べましょう

【良いミカンを選ぶポイント】

皮が薄くきめが細かいもの。ハリがあり、皮が浮いていないものが新鮮です。

・保存法

風通しのよい冷暗所がよいです。冬が旬の果物なので高温には弱いです。湿度・温度の高いところは避けましょう。

【主な栄養成分】(100gあたり)

エネルギー 45kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.1g
炭水化物 11.9g
ナトリウム 1㎎
カリウム 130㎎
カルシウム 17㎎
マグネシウム 11mg
リン 12mg
鉄 0.1㎎
亜鉛 0.1mg
銅 0.05mg
マンガン 0.08mg
ビタミンA:α-カロテン 11マイクログラム
ビタミンA:β-カロテン 89マイクログラム
ビタミンA:β-クリプトキサンチン 1900マイクログラム
ビタミンE 0.4mg
ビタミンB1 0.07mg
ビタミンB2 0.04mg
ナイアシン 0.2mg
ビタミンB6 0.07mg
葉酸 24マイクログラム
パントテン酸 0.21mg
ビタミンC 35mg
水溶性食物繊維 0.3g
不溶性食物繊維 0.4g

以上、がん(癌)とミカンについての解説でした。

「食事でがんが治る」という人もいれば「治るはずがない」という人もいます。これはYesかNoかで単純に答えられるものではないのです。

がんとの闘いについて、納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-27.がんと食事・食材

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.