がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

27.がんと食事・食材

がん(癌)とほうれん草 ~がんへの効果と栄養成分について~

更新日:

がん(癌)とほうれん草

ほうれん草の特徴

寒さの厳しい西アジア生まれのほうれん草は、春も冬も作られていますが本来の旬は露地栽培される冬です。収穫せずに畑にそのままにしておくと、トウ立ちして冬を越し、花を咲かせて種を残す冬型の野菜です。

秋まきほうれん草は、根が赤い品種がよく作られます。赤い色はベタシアニンという色素です。冬枯れの中、霜が降りて寒さに耐えるほどに赤くなって自然と甘くなり、生命力を強くします。

【特設ページ】多くの人が・・・

がんを治せない理由。

経験10年の「がん治療専門アドバイザー」による徹底解説。

ほうれん草に含まれるカロテンはビタミンAとして働き、粘膜を丈夫にしてくれます。ビタミンCの含有率は100グラム中60ミリグラムと野菜の中でも抜群の高さです。ただし、夏どりほうれん草では、その約3分の1まで減ってしまいます。

なかでも、貧血を予防する「鉄」は野菜ではトップクラスの含有量です。しかし、植物に含まれる鉄は、動物に含まれる鉄に比べると吸収率が悪いので吸収をよくするには、たんぱく質やクエン酸、ビタミンCと一緒にとることです。

造血作用のある葉酸が初めて発見された野菜でもあります。最近は生食にむいているサラダ用も流通しています。

【がん(癌)に作用されると言われている成分】

抗酸化成分であるβカロテンが非常に豊富で、それに加えてルテインも多く含まれています。

京都府立医科大学ではルテインの抗酸化作用に注目し、マウスに皮膚がんを発生させ、そこにルテインを塗ったところ、ルテインを塗ったマウスは塗らないマウスよりも、皮膚がんの発生が少なかったという報告をしています。

【調理方法のコツ】

ほうれん草をはじめ植物に含まれる鉄分は、体内で吸収されにくいという難点がありますが、ビタミンCやクエン酸と一緒にとると吸収率を上げられます。酢やレモンをかけて食べましょう。

ほうれんそうは鉄の吸収を高めるビタミンCを含むのでたんぱく質と組み合わせるだけで理想的な摂取ができます。

また、がんに有効だといわれているβカ口テンも豊富です。このβカロテンは、脂溶性ビタミンなので、オリーブオイルで軽く炒めるなどの調理もお薦めです。

ちないみに体に入ると、カルシウムの吸収を悪くする「シュウ酸」は結石の原因になるといわれますが、それは1日に何キロも食べた場合で、普通に食べていれば心配ありません。ただし、結石のある人は控えめに。

【良いほうれん草を選ぶポイント】

葉先がピンとして株が密で小さく、葉は短めで根元の赤みがきれいなものが新鮮で質のよいものです。

葉の形は異なる品種の目印になります。葉がギザギザなのは東洋種で、やわらかく甘みがあります。丸葉は西洋種で、土臭さがあり葉肉が厚いので妙め物などに向きます。そのふたつを掛け合わせた自然交雑種もあります。

・保存方法

ぬらした紙で包み、ポリ袋に入れて野菜室で冷蔵しましょう。10℃で保存した場合のビタミンCは、翌日で90%、5日後~で70%に減少するといわれています。

【主な栄養成分】(100gあたり)

エネルギー 20kcal
たんぱく質 2.2g
脂質 0.4g
炭水化物 3.1g
ナトリウム 16㎎
カリウム 690㎎
カルシウム 49㎎
マグネシウム 69mg
リン 47mg
鉄 2.0㎎
亜鉛 0.7mg
銅 0.11mg
マンガン 0.32mg
ビタミンA:β-カロテン 4200マイクログラム
ビタミンA:β-クリプトキサンチン 34マイクログラム
ビタミンE 2.3mg
ビタミンK 270マイクログラム
ビタミンB1 0.11mg
ビタミンB2 0.20mg
ナイアシン 0.6mg
ビタミンB6 0.14mg
葉酸 210マイクログラム
パントテン酸 0.20mg
ビタミンC 35mg
飽和脂肪酸 0.04g
不飽和脂肪酸 0.19g
水溶性食物繊維 0.7g
不溶性食物繊維 2.1g

以上、がん(癌)とほうれん草についての解説でした。

 さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

「病院で治療をしても、治る保証はない」と気づいた人は、他の手段を探し始めます。

それが【混乱の日々】の始まりになります。

自分の選択に自信が持てず「これでホントに合ってるの?」という不安と恐怖。そんな毎日が続くのです。

どのようにがんに向き合い、闘えばがんに勝てるのでしょうか?

がんを治すためには「たった1つの条件」が必要です。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-27.がんと食事・食材

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.