がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

27.がんと食事・食材

がん(癌)とアスパラガス ~がんへの効果と栄養成分について~

更新日:

がん(癌)とアスパラガス

アスパラガスの特徴

アスパラガスは南ヨーロッパが原産地です。周辺の海岸地域で紀元前から栽培され、春を告げる野菜として親しまれてきました。

日本には1781年に観賞用植物として伝わり、北海道で栽培がはじまりました。自然のまま日光にあてて育てたグリーンアスパラガスは、今でも原産地の気候風土に似た東北や北海道の露地ものが品質に優れ、美味しいです。

【特設ページ】多くの人が・・・

がんを治せない理由。

経験10年の「がん治療専門アドバイザー」による徹底解説。

食用されるのは、芽が出た若茎です。新鮮なものは、親指ぐらいの太さでやわらかくて甘みがあります。茎についているはかまのようなものはアスパラガスの葉です。芽吹き野菜なので、旬は露地栽培がされる4~6月上旬ぐらいまでです。栄養価も春と夏では、春どりのもののほうが高いです。

グリーンアスパラガスには食物繊維、カロテン、ビタミンCが豊富です。新陳代謝をうながして細胞を活性化させるアスパラギンを含むのが特徴で、ほどよい苦味には血圧を下げるルチンも含まれています。

【がん(癌)に作用されると言われている成分】

アスパラガスに含まれるアスパラニンAとプロトジオシンは非常に強力ながん細胞の成長抑制作用があると2009年に報告されています。また、がん予防、抗酸化作用、ピロリ菌除菌作用が確認されているスルフォラファンがアスパラガスに含まれていることが2010年に報告されています。

なお、グリーンアスパラガスに含まれるβ力ロテンは免疫機能の回復により発がんを抑えるといわれています。また、生活習慣病の予防、老化予防などに働きます。

アスパラガスは穂先に含まれるアスバラギン酸が特徴的ですが、アスパラギン酸は疲労回復、皮膚の新陳代謝を高める作用があります。アンモニアを尿とともに排泄させたり、イライラや不眠症を予防したりします。

抗酸化作用の強いルチンも含み、毛細血管をよい状態に保って高血圧を予防します。ビタミンCとルチンをいっしょにとると抗酸化作用は高まります。

アスパラガスにはグリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスがあり、抗酸化成分は、グリーンアスパラガスに多く含まれています。

【調理方法のコツ】

アスパラガスの約70%は水分です。導管(水を吸い上げる管)が細い3~4月の走り(出はじめ)の時期は、油との相性がよいのでソテーにして、アスパラガスのうま味を引き出しましょう。

5~6月上旬の名残りの時期になり、導管が太くなってきたら、深く茄でることで柔らかく食べられます。熱湯に塩を入れて、根元を1分ほど茄でてから全体を沈めましょう。。
【良いアスパラガスを選ぶポイント】

甘くておいしいアスパラガスは、穂先がほどよくふっくらとして、はかまが正三角形をしています。茎の断面は切ると丸く、表面にはほとんどタテ筋がありません。これは士の中の株(地下の根)が元気な証拠です。また、なるべく淡い緑色のものを選びましょう。

【主な栄養成分】(100gあたり)

エネルギー 22kcal
たんぱく質 2.6g
脂質 0.2g
炭水化物 3.9g
ナトリウム 2㎎
カリウム 270㎎
カルシウム 19㎎
マグネシウム 9mg
リン 60mg
鉄 0.7㎎
亜鉛 0.5mg
銅 0.10mg
マンガン 0.19mg
ビタミンA:α-カロテン 5マイクログラム
ビタミンA:β-カロテン 370マイクログラム
ビタミンA:β-クリプトキサンチン 9マイクログラム
ビタミンE 1.7mg
ビタミンK 43マイクログラム
ビタミンB1 0.14mg
ビタミンB2 0.15mg
ナイアシン 1.0mg
ビタミンB6 0.12mg
葉酸 190マイクログラム
パントテン酸 0.59mg
ビタミンC 15mg
水溶性食物繊維 0.4g
不溶性食物繊維 1.4g

以上、がん(癌)とアスパラガスについての解説でした。

 さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

「病院で治療をしても、治る保証はない」と気づいた人は、他の手段を探し始めます。

それが【混乱の日々】の始まりになります。

自分の選択に自信が持てず「これでホントに合ってるの?」という不安と恐怖。そんな毎日が続くのです。

どのようにがんに向き合い、闘えばがんに勝てるのでしょうか?

がんを治すためには「たった1つの条件」が必要です。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-27.がんと食事・食材

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.