いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

17.膵臓がん

膵臓がん膵尾側膵切除の場合に起きる合併症(手術のリスク)

更新日:

膵臓の構造

膵臓の構造

 

膵臓がんが膵尾側にある場合の手術に関して、合併症として最も重要なものは、膵臓の切離断端から膵液が漏れる「膵瘻(すいろう)」です。

膵液が漏れると、膿瘍になったり、膵断端近くの動脈が傷害されたりして大出血の原因となります。

膵尾側膵切除では比較的高い頻度(約5~60%)で膵瘻が起こるため、手術では膵臓の切離断端近傍や腹腔内の深いところ(左横隔膜の下のスペース)などにドレーンが留置され、漏れた膵液が体外に排出されるようにします。

このドレーンが有効であれば、時間はかかるかもしれませんが、膵瘻はだんだんと治っていきます。

また、膵液が漏れる膵瘻に引き続き起こる合併症の1つとして「仮性嚢胞(のうほう)」があります。この仮性嚢胞は、周囲組織としっかり境界された膵液のたまりと理解していいでしょう。小さなものであれば自然と治りますが、感染を併発すると腹腔内膿瘍へ進展します。

この腹腔内膿瘍が発生すると、高熱や炎症反応の著明な増加を認めるため、膿を排泄しなければなりません。通常、超音波・CTガイド下で穿刺し、チューブを留置しますが、開腹手術によるドレナージが選択される場合もあります。

膵切除術(膵臓の全体または一部を切除する手術)により膵液の分泌量が低下し、消化吸収障害が起こります。これにより、下痢や脂肪便が見られることがあります。

また、膵臓の近くには腸へいく自律神経が通っています。この神経を切除することもあり、その場合、腸の運動が活発になるため、高度な下痢になります。下痢に対しては、下痢止めを内服します。また、脂肪便では膵消化酵素剤の内服や食事を脂肪制限食にすることによって治療します。

以上、膵臓がんの手術についての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-17.膵臓がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.