01.サポート会員の声(個別)

膵臓がん(ステージ4。余命宣告受けるも元気)柳多さん|患者さんの声

更新日:

mail0097

本村さま

お世話になります。

早々のお返事いただきありがとうございます。

なぜそうなのかっていうことが本村さんの回答は明確で、父も納得しております。ひとつひとつの不安材料が明確になっていくので、そのストレスがなくなるというのは本人にとっても家族にとっても大変ありがたいです。

ご意見参考にさせていただき、今は○○を主とする食生活を正し、手術までの体調管理をしっかりやっていきたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

柳多

【続き】

膵臓がんステージ3

本村さま

大変ご無沙汰しております。鳥取県の柳多です。

おそらくサポートをしていただいてから半年以上経ってしまいました。

父の近況をご報告させていただきます。

余命半年の宣告でしたが、父はまだ生きています。しかも元気よくです。昨年11月には無理だろうと思っていた父の傘壽の祝も先週できたところです。

治療は抗がん剤のみ。TS-1の4クール目です。2クールが終了したときCT等の検査で、転移なし、癌の大きさに変化なし。という結果でし た。

不思議なことに癌が胆道を圧迫し黄疸ができステントを入れていたのですが、そのステントが見当たらないと。にもかかわらず、黄疸症状はない。

父は足の浮腫(動きすぎ?)はあるものの、好きなものを食べ、毎日、日曜大工、そばうち等元気に動きまわっています。不思議です。膵臓癌末期でしたのに・・・。

他に治療もないようで主治医も変わったことは何も言われません。父はいっそのこと抗がん剤をやめようかとも考えているようですが・・・次のCTの結果を見て熟慮したいと思います。

父の突然の宣告から、本村さんのサポートにたどり着き、どれほど心強かったことか。感謝の気持ちでいっばいです。

あとは父の生命力にまかせます。とりあえず、区切りといたしましてお礼申し上げます。大変お世話になりありがとうございました。

本村さまの益々のご活躍を遠い地よりお祈りいたします。

鳥取県○○市 柳多 家族一同。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-01.サポート会員の声(個別)
-, , ,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.