17.膵臓がん

膵臓がんの手術後に見られる合併症や後遺症とは

更新日:

膵臓がんの手術後に見られる合併症や後遺症

膵臓がんの切除手術には様々な合併症がありますが、直接的なものではない合併症や後遺症、関連して起きる疾患があります。

肺炎

肺炎に関しては、気道内挿管や吸入麻酔の影響で痰がたまりやすい状況になります。加えて、術後の創痛(手術でおなかを切った傷の痛み)のため咳や深呼吸ができず痰の排出が難しくなり、無気肺から肺炎が発症します。

腸閉塞、血栓症

腸閉塞や血栓症も同様で、術後に長く横たわることが腸管の癒着や運動低下、静脈内の血栓形成の原因となります。

腸閉塞や血栓症を予防するためには、からだをよく動かすことが最も重要です。なるべく早期に離床し、臥床しているときでも左右にからだを動かしたり、足の曲げ伸ばしを行ったり、という動作が重要です。

また、硬膜外麻酔や鎮痛剤による痛みのコントロールもこれらの予防のために重要となります。

膵臓切除後に見られる後遣症

・糖尿病

膵臓ではインスリンというホルモンをつくっています。インスリンは血糖値を下げるただ1つのホルモンです。このインスリンの分泌量が減ることによって、糖尿病になることがあります。そのため、大量に膵臓を切除すると術後に糖尿病になることがあります。

手術前からすでに糖尿病であった患者さんは術後に糖尿病が進行し、インスリン注射が必要になる場合があります。また、膵全摘術を行った患者さんは、インスリン自己注射が必須になります。

・胆管炎

胆管と空腸の吻合部が狭くなり胆汁うっ滞が起こったり、腸液が胆管内に逆流すると胆管炎が発生することがあります。腸液逆流の場合は抗生剤投与で治療しますが、吻合部狭窄の場合は吻合部を拡張させる処置が必要になることがあります。

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-17.膵臓がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.