25.抗がん剤・分子標的薬・免疫チェックポイント

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

要注意。免疫チェックポイント阻害剤の副作用を学ぶ

2019/7/1  

日本で最初に免疫チェックポイント阻害剤が使われたのは「2014年7月にメラノーマで承認されたオプジーボ(ニボルマブ)。 それ以来、様々な免疫チェックポイント阻害 ...

ロズリートレクの効果と副作用について分かりやすく解説

2019/6/25    

ロズリートレク(一般名:エヌトレクチニブ)は、2019年6月に承認された「NTRK融合遺伝子融合が認められる進行・再発の固形がんに対する治療薬」です。 特定の遺 ...

no image

がんの薬剤に関する重要ニュース 2019

2019/6/25  

がん治療薬(抗がん剤、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤など)に関するツイートを忘備録として格納しています。 ※新しいニュースのほうが上。 ロズリートレクは ...

免疫チェックポイント阻害剤の副作用

2019/2/23  

がん細胞は、免疫システムでは活性化したT細胞の攻撃を受けて死滅します。免疫システムは、異物を排除した後、免疫を戻すためのブレーキのシステムを備えていますが、がん ...

肺がんの「悪液質」を改善するための治療薬「アナモレリン」とは?

2018/10/7    

手術ができないような進行性の肺がん(おもにステージ3~4期)の場合、がんの増殖が進むことで「がん悪液質(あくえきしつ)」を伴うことがあります。およそ60%の患者 ...

ユーゼル(ロイコボリン)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:ホリナートカルシウム ・商品名:ユーゼル、ロイコボリン ・投与経路:点滴静注、筋注、経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低 ・催吐リスク:低 & ...

インターフェロン(イムノマックス-γ)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:インターフェロン ガンマ-1a(遺伝子組換え) ・商品名:イムノマックス-γ ・投与経路:点滴静注 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低 ・催吐リス ...

ゾラデックスの主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:ゴセレリン酢酸塩 ・商品名:ゾラデックス ・投与経路:皮下注 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低 ・催吐リスク:低 <特徴> 作用機序 ...

リュープロレリン(リュープリン)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:リュープロレリン酢酸塩 ・商品名:リュープリン、リュープロレリン ・投与経路:皮下注 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低 ・催吐リスク:低 &lt ...

エストラサイトの主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:エストラムスチンリン酸エステルナトリウム水和物 ・商品名:エストラサイト、ビアセチル、プロエスタ ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク ...

タモキシフェン(ノルバデックス)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:タモキシフェンクエン酸塩 ・商品名:ノルバデックス、タスオミン、タモキシフェン ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リス ...

フルタミド(オダイン)主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:フルタミド ・商品名:オダイン、フルタミド ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:最小 <特徴> 作用 ...

ビカルタミド(カソデックス)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:ビカルタミド ・商品名:カソデックス、ビカルタミド ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:最小 <特徴&gt ...

エキセメスタン(アロマシン)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:エキセメスタン ・商品名:アロマシン、エキセメスタン ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:なし <特徴&g ...

レトロゾール(フェマーラ)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:レトロゾール ・商品名:フェマーラ ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:なし <特徴> 作用機序:乳 ...

アナストロゾール(アリミデックス)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:アナストロゾール ・商品名:アリミデックス、アナストロゾール ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:なし < ...

テムシロリムス(トーリセル)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:テムシロリムス ・商品名:トーリセル ・投与経路:点滴静注 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:低 ・催吐リスク:最小 <特徴> 作用機序 ...

レゴラフェニブ(スチバーガ)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:レゴラフェニブ水和物 ・商品名:スチバーガ ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:軽~最小 <特徴> ...

ヴォトリエントの主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:パゾパニブ塩酸塩 ・商品名:ヴォトリエント ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:軽~最小 <特徴> ...

アキシチニブ(インライタ)の主な副作用と特徴、効果について

2018/10/7    

・一般名:アキシチニブ ・商品名:インライタ ・投与経路:経口 ・血管外漏出による皮膚障害のリスク:なし ・催吐リスク:最小~軽 <特徴> 作用機序 ...

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.