27.がんと食事・食材

がん(癌)とミカン ~がんへの効果と栄養成分について~

がん(癌)とミカン

【ミカンの特徴】

主成分のビタミンCは風邪や血管の老化を防ぐほか、シミ、ソバカスなどの肌トラブルを予防し、粘膜を守ります。酸味のクエン酸は疲労回復に有効です。ペクチン、ビタミンPも含まれ、動脈硬化や高血圧に効果的に働きます。

オレンジ色の色素に含まれている「βクリブトキサンチン」は体内でビタミンAとして働き、免疫力を高めて、抗酸化作用を発揮します。

成熟したミカンの実の皮を乾燥させたものを「橘皮(きっぴ)」と呼び、橘皮の古いものを「陳皮(ちんぴ)」といい、せき止め・去痰・吐き気止めなどの処方に、漢方生薬として使われています。

【がん(癌)に作用されると言われている成分】

農林水産省、京都医科大学などの共同研究で、βクリプトキサンチンに発がん抑制効果があると報告されています。マウスの実験ですが皮膚がん、大腸がん、肺がんなどの予防効果があるとしています。

【調理方法のコツ】

ミカンの袋の白いすじには高血圧や動脈硬化を予防する成分(ヘスペリジン。ビタミンPの一種)が豊富なので、できるだけとらずに食べましょう

【良いミカンを選ぶポイント】

皮が薄くきめが細かいもの。ハリがあり、皮が浮いていないものが新鮮です。

・保存法

風通しのよい冷暗所がよいです。冬が旬の果物なので高温には弱いです。湿度・温度の高いところは避けましょう。

【主な栄養成分】(100gあたり)

エネルギー 45kcal
たんぱく質 0.5g
脂質 0.1g
炭水化物 11.9g
ナトリウム 1㎎
カリウム 130㎎
カルシウム 17㎎
マグネシウム 11mg
リン 12mg
鉄 0.1㎎
亜鉛 0.1mg
銅 0.05mg
マンガン 0.08mg
ビタミンA:α-カロテン 11マイクログラム
ビタミンA:β-カロテン 89マイクログラム
ビタミンA:β-クリプトキサンチン 1900マイクログラム
ビタミンE 0.4mg
ビタミンB1 0.07mg
ビタミンB2 0.04mg
ナイアシン 0.2mg
ビタミンB6 0.07mg
葉酸 24マイクログラム
パントテン酸 0.21mg
ビタミンC 35mg
水溶性食物繊維 0.3g
不溶性食物繊維 0.4g

以上、がん(癌)とミカンについての解説でした。

「食事でがんが治る」という人もいれば「治るはずがない」という人もいます。これはYesかNoかで単純に答えられるものではないのです。

がんとの闘いについて、納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は読んでみてくださいね。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-27.がんと食事・食材