16.前立腺がん

前立腺がん治療後の食事で注意すること

投稿日:

前立腺がん治療後の食事で注意すること
前立腺がん治療後の食事でポイントになるのは、合併症を軽減させる食事を意識することです。どの治療を選択したかで、食事の工夫の仕方も変わります。

・前立腺全摘除術後

尿失禁が代表的な合併症です。くしゃみをしたときなど、おなかが圧迫されると起こりやすく、おなかに余分な脂肪をつけると、よけい圧迫されやすくなります。高脂肪のメニューは避け、太りすぎに注意しましょう。

・放射線療法後

放射線が直腸を多少刺激してしまうため、直腸の伸展が悪くなり、便秘や下痢を起こすことがあります。また、便秘や下痢によって直腸出血が起こることもあります。

便秘したら、いも類など食物繊維を含む食材を多くとりましょう。下痢のときは、野菜スープや味噌汁など、のどごしのよいものを多めにとり、辛いものなど腸を刺激する食材は避けるようにします。

・ホルモン療法後

骨密度が低下し、骨粗しょう症になりやすいので、カルシウムを多くとります。

また、男性ホルモンの分泌が低下することにより筋肉量が落ち、燃焼するエネルギーが少なくなるので、治療前と同じ量を食べていると太りやすくなります。カロリーコントロールも重要です。

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-16.前立腺がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.