16.前立腺がん

前立腺がん治療後の食事で注意すること

前立腺がん治療後の食事で注意すること
前立腺がん治療後の食事でポイントになるのは、合併症を軽減させる食事を意識することです。どの治療を選択したかで、食事の工夫の仕方も変わります。

・前立腺全摘除術後

尿失禁が代表的な合併症です。くしゃみをしたときなど、おなかが圧迫されると起こりやすく、おなかに余分な脂肪をつけると、よけい圧迫されやすくなります。高脂肪のメニューは避け、太りすぎに注意しましょう。

・放射線療法後

放射線が直腸を多少刺激してしまうため、直腸の伸展が悪くなり、便秘や下痢を起こすことがあります。また、便秘や下痢によって直腸出血が起こることもあります。

便秘したら、いも類など食物繊維を含む食材を多くとりましょう。下痢のときは、野菜スープや味噌汁など、のどごしのよいものを多めにとり、辛いものなど腸を刺激する食材は避けるようにします。

・ホルモン療法後

骨密度が低下し、骨粗しょう症になりやすいので、カルシウムを多くとります。

また、男性ホルモンの分泌が低下することにより筋肉量が落ち、燃焼するエネルギーが少なくなるので、治療前と同じ量を食べていると太りやすくなります。カロリーコントロールも重要です。

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-16.前立腺がん