17.膵臓がん

膵臓がんで使われる抗がん剤治療の副作用(ジェムザールとTS-1)

更新日:

膵臓がんTS-1の副作用

抗がん剤には「抗腫瘍効果(腫瘍を攻撃し縮小させる効果)」がある反面、正常細胞への影響、つまり副作用が多かれ少なかれ存在します。

一般的な副作用として、消化器症状(吐き気・嘔吐・食欲不振・下痢・便秘など)、骨髄抑制(貧血・白血球減少・血小板減少など)、倦怠感、皮疹、肺炎、肝機能障害、腎機能障害、脱毛などです。

実際、副作用がどのくらい出るのかは個人差があります。治療中にある一定以上の副作用が現われた場合は、投与薬の減量もしくは中止を考慮し、全身状態の改善を待ちます。もちろん、副作用に対して、予防的および対症的に薬を投与し対応します。

■膵臓がんでよく使われる薬、ジェムザールの副作用

一般的な副作用としては、骨髄抑制(貧血、白血球減少、血小板減少など)と吐き気・嘔吐、口内炎などの消化器症状が多いとされています。そのほか、発疹などの過敏症、頻脈、発熱、頭痛、めまい、脱毛などが起こることもあります。

副作用が出ても比較的軽度なことが多いですが、著しい骨髄抑制など、まれに重篤な副作用が起こるケースもあります。

そのほかには、間質性肺炎、アナフィラキシー症状、心筋梗塞、うっ血性心不全、肺水腫、腎不全などが報告されています。

■膵臓がんでよく使われる薬、TS-1の副作用

TS-1も骨髄抑制や消化器症状の頻度が高く、そのほか、発熱、発疹、頭痛、めまい、味覚障害、肝機能障害、腎機能障害、アレルギー、間質性肺炎などが副作用として報告されています。皮膚色素沈着はTS-1に特徴的な副作用です。

以上、膵臓がんの抗がん剤治療の副作用についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-17.膵臓がん

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.