17.膵臓がん

膵臓がんで使われる抗がん剤治療の副作用(ジェムザールとTS-1)

投稿日:

膵臓がんTS-1の副作用

抗がん剤には「抗腫瘍効果(腫瘍を攻撃し縮小させる効果)」がある反面、正常細胞への影響、つまり副作用が多かれ少なかれ存在します。

一般的な副作用として、消化器症状(吐き気・嘔吐・食欲不振・下痢・便秘など)、骨髄抑制(貧血・白血球減少・血小板減少など)、倦怠感、皮疹、肺炎、肝機能障害、腎機能障害、脱毛などです。

実際、副作用がどのくらい出るのかは個人差があります。治療中にある一定以上の副作用が現われた場合は、投与薬の減量もしくは中止を考慮し、全身状態の改善を待ちます。もちろん、副作用に対して、予防的および対症的に薬を投与し対応します。

■膵臓がんでよく使われる薬、ジェムザールの副作用

一般的な副作用としては、骨髄抑制(貧血、白血球減少、血小板減少など)と吐き気・嘔吐、口内炎などの消化器症状が多いとされています。そのほか、発疹などの過敏症、頻脈、発熱、頭痛、めまい、脱毛などが起こることもあります。

副作用が出ても比較的軽度なことが多いですが、著しい骨髄抑制など、まれに重篤な副作用が起こるケースもあります。

そのほかには、間質性肺炎、アナフィラキシー症状、心筋梗塞、うっ血性心不全、肺水腫、腎不全などが報告されています。

■膵臓がんでよく使われる薬、TS-1の副作用

TS-1も骨髄抑制や消化器症状の頻度が高く、そのほか、発熱、発疹、頭痛、めまい、味覚障害、肝機能障害、腎機能障害、アレルギー、間質性肺炎などが副作用として報告されています。皮膚色素沈着はTS-1に特徴的な副作用です。

以上、膵臓がんの抗がん剤治療の副作用についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。患者として、家族として必要な知識はこちらのガイドブックにまとめました。
がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?

興味がある方は、ダウンロードして読んでみてください。

このサイトの管理者について

このサイトはがん治療専門のアドバイザー、本村ユウジが運営しています。

プロフィールはこちら

メールレター説明

本村ユウジのメールマガジン

ブログでは書けない「がん治療」に関する本音をメールで。全15回の読み切り型のメールマガジンです。すでに38,000名の方に読まれています。↓をクリックして登録すると、すぐに届きます。

必読の書!

ガイドブック「がんを完治させるための5つのルール」を無料で差し上げています


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。


どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。

がん治療で”絶対に”やってはいけないことは?

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。

kotira010
  • この記事を書いた人
yuji-motomura

本村ユウジ

「がんの研究と、患者さんのサポート」を2008年から続けています。現在まで、3,000名を超えるがん患者さんやご家族をサポートしてきました。詳しいプロフィールはこちら。

-17.膵臓がん

Copyright© がん治療相談・本村ユウジ公式 , 2017 All Rights Reserved.