29.神社、お寺など

大阪府で癌封じの祈祷やお守り、お札が購入できるお寺、神社は?

投稿日:

大阪府下で癌(がん)に関する祈祷ができたり、お守りやお札が購入できたりする寺社を紹介したいと思います。

それぞれの特色や祈願のおける由来などについて解説しますが、まず有名な神社としてよく名が挙がるのは奈良県境の近くにある「石切劔箭(いしきりつるぎや)神社」です。

大阪はもちろん、奈良市からも多くの人が訪れています。

東大阪市、生駒山のふもとにある「石切劔箭神社」

地元の人には「石切さん」の名前で親しまれている通称「石切神社」。

日本神話における神である「天照大神(あまてらすおおかみ)」の子孫である、饒速日尊(にぎはやひのみこと)とその御子である可美真手命(うましまでのみこと)が祀られている神社です。

饒速日尊が武功をあげ、神武天皇から剣を授かったことを由来に「劔箭(つるぎや)神社」と命名されたそうです。

がんとの関連

さて、がんとの関連は石切神社が「でんぼの神」といわれていることにあります。

「でんぼ」=関西の方言で腫れもの、という意味です(現代で腫れもののことを”でんぼ”という関西人はほとんどいませんが・・・)。

つまり腫れものに由来する病気を治してくれる神様として敬われているということですね。

ちなみに石切神社の祭祀(まつりごと。あるいはまつりごとを行うこと)を務めてきた、小積氏に伝わる秘法=伝法(でんぽう)が由来です。

でんぼう→でんぼ、というのは言い間違いのような由来ではありますが、地元の人々に定着して「腫れものがよくなる=がんもよくなる」ということから、がん封じのお参りに人々が訪れるようになった、ということです。

参拝のしかた

神社の作法として基本的な形は「二拝二拍手一拝」です。神前で姿勢を正し、二度おじぎをして(礼をすること。拝)、二度手を打ち(拍手)、最後に一礼するというものです。

もうひとつ、石切神社は「お百度参り」をして病気平癒を願う形もあります。

お百度参りとは本殿前でお参りしたあと、入口に戻り、再び本殿前でお参りすることを百回繰り返すことです。お百度を踏むともいいます。

お百度参りを経験した人はあまりいないと思いますし、一般的ではないと思われる人が多いと思いますが、石切神社では常に数人程度はお百度参りをしている人がいます。土日祝日ともなれば50人程度が熱心にお百度参りをしています。

お守り

石切神社には病気平癒のお札は売られていますが、病気平癒のお守りや癌封じのお守りはありません。

しかし「なで守り」という特徴的なお守りがあります。

紙袋の中からお守りが入っています。「石切大神」と何回もとなえながら御守で患部を撫でてると患部が回復するといういわれがあります。

なお、お守りの中の御米は毎朝一粒ずつ、その日初めて飲む水で頂きます(食べます)。ずっと「お守り」として身につけているのではなく、一週間経ったら都合の良い日に参拝して納札所へお納めるのがならわしです。

場所

大阪府東大阪市東石切町

中央区道修町(どしょうまち)、北浜駅近くにある少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)

大阪のビジネス街にある神社で「医薬の神様」として参拝者が絶えない神社です。病気を克服したい人はもちろん、医師や看護師、薬剤師や鍼灸師など医学に携わる人も多く訪れています。

少彦名神社に祀られているのは、日本医薬の神といわれている「少彦名命(すくなひこなのみこと)」と、中国医薬の神といわれている「神農炎帝(しんのうえんてい)」です。

少彦名命はまじないなどの多彩な能力を有したとされ、神農炎帝は野草などの効能を研究し、医薬を広めた人と伝えられています。

戦国時代後期から、道修町は薬の取引が盛んで、薬の町として発展していました。江戸時代には大きな市場となり、取引の安定や品質の向上が重要な責務となりました。

そこで神の加護を得るために少彦名神社が建立されたと言い伝えられています。

特に信仰を集めているのが「病気平癒・健康祈願」

医薬の神社、健康の神社として全国から多くの人が参拝し、祈祷を受けられています。

一般病気平癒祈祷(紙札)は7千円より。特別病気平癒祈祷(特別祈祷木札)は一万円より受けつけられています。土日は特に人気のため、あらかじめ予約して参拝するのがよいでしょう。

がんとの関連

がん封じや平癒祈祷など、がんに直接関連する祈祷やお守り、お札はありませんが、病気平癒のお札、病気平癒守、天然石で作られたブレスレッドなどの授与品に人気があります。

また、1822年に大阪でコレラが流行した時、「虎頭殺鬼雄黄圓」という丸薬をつくり、病除祈願し、無償でお守りの「張子の虎」とともに配ったところ病気が平癒したという言い伝えから「虎」をモチーフとした授与品に特徴があります。

こちらは病気平癒・健康の「首ふり虎守」です。

御朱印も彩鮮やかで美しいものが多いので、御朱印を集められている人にも人気があります。

場所

大阪府大阪市中央区道修町

大阪市天王寺区、天王寺駅近くにある「四天王寺(してんのうじ)」

四天王寺は聖徳太子によって建立された7つの寺のうちの1つです。太子自ら戦勝を祈願するために彫った四天王を安置するために造られた寺だと伝えられています。

四天王寺は仏教の宗派にこだわらず独立し、和宗(仏教全体)の総本山として大阪のみならず関西屈指の信仰を集めています。

聖徳太子の一生の伝説が描かれた絵伝を「絵堂」にて見ることができるなど、聖徳太子とのゆかりが特に深い寺として有名です。

ちなみにこの周辺の「天王寺」という地名や駅名は「四天王寺」を略したもの、だそうです。

がんとの関連

広い境内の中にはいくつかの専門施設=院があります。

病気健康に関するものとしては、病者に薬を施す「施薬院」、病気の者を収容し病気を癒す「療病院」があります。

病気平癒の祈祷も常時受け付けられており、特にご利益があると言われているのは毎年10月10日に「万灯院」で行われる「万灯院衣替え」です。

ここでは紙の衣を着けた「紙衣さん」の衣替えの法要が行われます。

この日に参拝すると紙衣さんが身に着けていた衣を背中に当ててもらえます。これを受けると無病息災や病気平癒のご利益があると言われています。

その他としては六時礼賛堂の入り口にある「撫仏(なで仏)」が有名です。

正確には賓頭盧尊者(びんずるそんしゃ)像と言い、この像=「撫仏(なで仏)」を撫でる(患部と同じところを撫でる)と病気が治るとされています。

がん患者さんの方は、がんに罹患された部位が回復することを願いながらさすってあげるとよいといわれています。

また、本人でなくても、その人のことを願って撫でるとご利益があるとされています。

乳がんの方には「御乳守(みむねまもり)」

布袋堂では「御乳守(みむねまもり)」と名付けられた授与品が販売されています。

女性の方で、乳がんを患われた方にはよいお守りかと思います。

御乳守(みむねまもり) 授与価格700円

場所

大阪市天王寺区四天王寺

たった1つの条件とは

本村ユウジ
こんにちは。がん治療専門アドバイザー、本村です。

私は10年間で4,300名のがん患者さんをサポートしてきました

がんは、とても厳しい病気です。

しかし、手の打ちようがない病気ではありません。

「抗がん剤を断りましたが、今も元気です」

「がんが消えたようです」など、多数の患者さんの声を掲載しています。

無料の小冊子もプレゼントしていますので、闘病の参考にしていただければと思います。

詳しくはこちらのページで。

 → がんを治すための「たった1つの条件」とは?


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

5つのルール

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「いったい、どうすればがんを治せるのか?」

「誰が本当のことを言っているのか?」

と悩んでいるなら。

世に出ている本を片っ端から読んだり、夜遅くまでネットで検索する必要はありません。

たった30分、60ページのガイドブック【がんを完治させるための5つのルール】を読むだけで「がんに勝つために必要なこと」が分かります。

無料でプレゼントしていますので、下のボタンからメールアドレスをご登録ください。

ダウンロードあるいは郵送でお届けします。

yajirusi2

(※セキュリティ保護された登録ページに移ります)

人気の記事

1

終わりのない厳しい治療。消えない再発の恐れ。 人生を失うかもしれない、という焦り。 熟睡できない。ふいに心臓の鼓動が速くなる。不安で手足がピリピリする。 「心が ...

2

こんにちは。本村ユウジです。 私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。 医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判 ...

3

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。 おそらく、単なる病院 ...

-29.神社、お寺など
-,

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.