がん(癌)に勝つには「正しい選択をし続けること」です。10年の経験、4,300名のサポート実績。がん専門のアドバイザー、本村ユウジの公式サイト&ブログです。

本村ユウジ公式サイト・ブログ

07.乳がん

乳がん「バーゼニオ(アベマシクリブ)」の効果と副作用について解説

更新日:

がん専門のアドバイザー、本村です。

当記事ではホルモン陽性かつHER2陰性の進行・再発乳がん向けの薬として開発された、バーゼニオ(アベマシクリブ)について解説します。

バーゼニオは「CDK4/6阻害薬」というタイプの薬で、最近承認された「イブランス(パルボシクリブ)」と同じタイプです。

乳がん治療薬イブランス(パルボシクリブ)の適応条件、効果と副作用について

バーゼニオはすでにアメリカで承認されており、2018年中には日本でもほぼ承認されるだろう、という流れになっていますので、どんな方に使える薬なのか?効果は副作用はどの程度なのか?という点について解説しておこうと思います。

【特設ページ】多くの人が・・・

がんを治せない理由。

経験10年の「がん治療専門アドバイザー」による徹底解説。

バーゼニオはどのタイプの乳がんに使われる薬か?

乳がんには様々なタイプがあり、昨今では明確に分類したうえで治療薬が決められています。

病理検査では様々な情報が分かりますが、特に押さえておきたいポイントは「ホルモン受容体が陽性か陰性か」「HER2が陽性か陰性か」の2点です。これがいずれかによって使える薬が大きく異なってくるためです。

ホルモン。HER2。

「私はこの2つがどっちだか分からない」という人はあまりいないと思いますが、もし不明な人は主治医に確認するようにしてください。

さて、バーゼニオは冒頭にも記載したとおり「ホルモン陽性かつHER2陰性の進行・再発乳がん」向けの薬で、これに該当しない場合は使用できません(保険適応となりません)。

ホルモン陰性でも効果があるのでは?といわれていますが、医療現場で投与の対象となるのはホルモン陽性かつHER2陰性のタイプと決まっています。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


どのくらいの効果があるのか?

薬の効果は、必ず臨床試験によって確認されます。臨床試験によって「効果がある」と認められた薬が承認され、実際の医療現場で使われるようになります。

バーゼニオが承認されるにあたり、3つの臨床試験の結果で明らかに効果があったと認められています。その3つの臨床試験の結果をみることで、どのくらいの効果があるのかが分かります。

なおこれらの臨床試験の対象者はすべて「ホルモン陽性・HER2陰性の進行・転移性乳がん患者さん」です。

臨床試験1

【患者さんの状態】

ホルモン療法を受けていたが進行した人(669人)。

【試験の内容】

二次治療薬として使うホルモン薬(フェソロデックス)にバーセニオを併用したグループと、フェソロデックスとプラセボ(偽薬)を使用したグループと効果を比較。

【結果】

バーセニオ併用グループでは、無増悪生存期間中央値(進行せずに生存していた期間の平均)が16.4か月。バーセニオを併用しなかったグループでは9.3か月。

臨床試験2

【患者さんの状態】

ホルモン療法を受けていたが進行し、その後抗がん剤治療を1~2回受けた人(132人)。

【試験の内容】

バーセニオを単独で投与

【結果】

全奏効率が19.7%、奏功期間が8.6カ月という結果。既存の薬の投与を受けた方でも効果があることが示された。

※奏効率とは:ある治療法を患者に用いた際、その治療を実施した後にがん細胞が縮小もしくは一定期間消滅した患者の割合を示したもの。

※奏功期間とは:効果が示された期間の平均値。

臨床試験3

【患者さんの状態】

閉経後かつ、術前・術後ホルモン療法を初めて受ける人(493人)

【試験の内容】

ホルモン薬「アナストロゾールまたはレトロゾール」とバーゼニオの併用投与。

【結果】

ホルモン療法単独の場合、無増悪生存期間中央値は14.8か月だが、バーゼニオを併用することで28.2か月になった。

バーゼニオの効果まとめ

試験1では、フェソロデックス(既存のホルモン剤)+バーゼニオ併用により、抗がん剤を使用せずに「ホルモン療法の効果が薄くなった場合の二次治療」が可能になった、というところが特徴的だといえます。

試験2では、既存のホルモン療法、抗がん剤治療を受けてきた人に対しても(投薬に対してある程度の耐性ができてしまった場合でも)、バーゼニオを使うことで改善が期待されることが分かったことが重要です。

また、同じタイプの先発薬「イブランス」は単独での効果が確認されていませんが、バーゼニオは単独でも効果が見込める、と分かったことも画期的な情報だといえます。

試験3では、閉経後の患者さんに対して、初回のホルモン療法を単独で行うよりも、バーセニオを併用することで長く効果を持続させることができた、ということがポイントです。

【特設ページ】がん闘病中の方へ

詳しくはこちら→がんを治すための「たった1つ」の条件とは?


バーゼニオの副作用

最も頻度が高く、影響がある副作用は「下痢」です。

臨床試験ではバーゼニオを使用すると、81%の人に下痢が起きるという報告があります。この半数は軽度の下痢ということですが、逆にいえば厳しい下痢の状況が半数の人に起きるということがいえます。

うち、2.3%の人が下痢によって投薬を中止したというデータがあります。

次に影響の高い副作用は「好中球(白血球の1つ)の減少」です。

重度(グレード3以上)の好中球減少が起きる可能性は、20%。この状況になると投薬を休止せざるを得なくなります。

その他、発生する可能性がある副作用としては、悪心、腹痛、感染症、疲労、赤血球数の減少(貧血)、食欲減退、嘔吐、頭痛があると報告されています。

 さいごに

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

過去10年間で、4,300名の患者さんをサポートしてきました。

がんとの闘いは選択の連続。

間違えないためには、がんを治すための「たった1つの条件」を知っておく必要があります。

「たった1つの条件」とは何だと思いますか?

闘病中の方も、これから治療を始める方も、答え合わせをしていきませんか?

こちらのページで詳しく解説しています

がんを治すための『たった1つの条件』とは?

無料のガイドブックもプレゼントしています。

本村ユウジ プロフィール

私はどこにも属さない、中立的な立場のがん治療専門アドバイザーです。

医者同士が「がんは放置しろ」「いや、病院で治療すべきだ」と批判しあう異常な時代。玉石混合の情報が飛び交っています。

そんななかで私は「誰とも仲間にならず」「特定の人間に影響を受けず」。

たったひとりで「どうすればがんに勝てるのか」を突き詰めてきました。

続きを見る

患者さんの声
昨年の今頃は、抗がん剤のせいで母の体はボロボロでした

「病院で治療をしても、治る保証はない」と気づいた人は、他の手段を探し始めます。

それが【混乱の日々】の始まりになります。

自分の選択に自信が持てず「これでホントに合ってるの?」という不安と恐怖。そんな毎日が続くのです。

どのようにがんに向き合い、闘えばがんに勝てるのでしょうか?

がんを治すためには「たった1つの条件」が必要です。

続きを見る

無料
無料メール講座【がん克服への道】(全15回)

がんと正しく闘ううえで、重要な情報を厳選してします。メールは一日に一通届きます。これから治療をする方にも、すでに治療をはじめている方にも知っておいてほしい内容です。

続きを見る

患者さんの声
「私は本村先生がナンバーワンであると信じて疑いません」

このたびは、妻のがんサポートにあたり、医学・栄養学・健康学というさまざまな分野を統合した、トータルサポートをいただき感謝の念にたえません。

おそらく、単なる病院に勤務する医師では知りえないこと、また、栄養管理士という職業の方では気づかないことなど。

貴重な数々の情報を得たことは、何よりも私たち家族にとっての貴重な財産です。

続きを見る

ツイッターはじめました


 

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-07.乳がん
-

Copyright© 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.