いちばん読まれている記事

おすすめ→がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

16.前立腺がん

前立腺がんが増えた3つの理由

更新日:

zen

前立腺がんの死亡者数は右肩あがりに上昇しています。1990年が3460人、00年が7514人、10年が1万722人です。

つまり、ここ20年で約3倍に増加しており、罹患者は06年が4万2517人、2011年では5万人前後です。罹患者に対する死亡者の比率は約20%で、肺がんの約80%と比べると、すぐに命の危機に直結しにくいがんだといえるかもしれませんが、進行すると日常生活に多大な影響をおよぼす厄介ながんだといえます。

なお、前立腺がん増加の原因は、①日本人の食事の欧米化、②前立腺特異抗原(PSA)検査の普及、③高齢男性の増加という3点が挙げられます。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


①食事の欧米化

前立腺がんは欧米諸国に多く、その要因のひとつとして食事があげられています。肉、乳製品脂肪の摂取量の多さが関係しているのです。これが同じ日本人でも米国在住の日本人と米国人も加えて比較すると、前立腺がんの発生率は高い方から米国在住の米国人、米国在住の日本人、日本在住の日本人の順です。食事を見直すと前立腺がんの増加にブレーキがかかる可能性はあります。

②PSA検査の普及

前立腺がんの腫瘍マーカーのPSAの測定が、健康診断、人間ドックのみならず、個人クリニックのような小さな病院でも行っているので、前立腺がんの発見に貢献しています。

基本的には「頻尿」「残尿感がある」「尿の勢いが弱い」など前立腺肥大症の症状を訴えて患者が受診したときに、PSA検査を行います。しかしこの時に前立腺がんが発見されるケースが最も多いのです。


【サイト内 特設ページ】
がんに関する情報は、世の中に溢れています。

「何を信じていいのか分からない」と不安なら。

こちらのページに解決策があります。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?


③日本人の高齢化

前立腺がんは年をとるに従って比例的に増えていきます。他のがんと比べてより高齢者に罹患率の高い病気だといえるでしょう。

このほか、「男性ホルモン」「遺伝」など多くの要因が関係していると考えられています。

以上、前立腺がんについての解説でした。

・・・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

経験10年、プロのアドバイザーが語る

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-16.前立腺がん
-,

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.