16.前立腺がん

前立腺がんの直腸診は重要な検査

更新日:

前立腺がんの直腸診は重要な検査

直腸診は、医師が肛門から直腸に指を挿入し、直腸の壁ごしに前立腺をさわってみる検査法です。

前立腺は、直腸のすぐ前にあるため、肛門から指を入れると、前立腺の背面にふれることができます。

診察室では、「前立腺を触診しますからズボンと下着を下げて、ベッドに向こう向きになって寝てください」などと医師に言われるでしょう。患者さんは、下半身の衣服や下着を脱ぎ、診察台の上で膝肘位、仰臥位、側臥位などの姿勢をとります。

医師はゴム手袋をはめ、潤滑剤をつけた人さし指、もしくは中指を肛門から挿入して、前立腺の大きさ、表面が平らかでこぼこか、弾力があるか、石のようにかたいか、左右対称か否か、がんが疑われるかたいしこりの有無などを、数秒のうちに調べます。

■痔のある人は事前に伝える

痔のあることがわかっている人は、検査の前に伝えてましょう。潤滑剤の量を多くしたり、指を肛門に挿入するとき、いつもより慎重に対処するなど、医師は配慮します。

■力を入れず、口を開けて息を吐く

この検査をスムーズに受けるコツは、下半身に力を入れないことです。力んでしまうと、肛門括約筋が締まって、逆に痛く感じます。口を開けて、ハーッと息を吐くようにすれば楽です。

前立腺がんの一部のタイプには、PSA検査で正常値を示すがんもあります。そのようなやっかいながんを見つける場合、直腸診は非常に役立つ検査法といえるのです。

しかし、この検査は医師が直接指でふれるだけなので、客観的な数値でのデータであらわすことができません。

指にふれるくらいかたいがんというのは、TNM分類のステージでいえばT2~T4くらい進行しています。T1cなど初期のがんは直腸診だけではわかりません。また、前立腺の背面しかわからないため、がんが前側に発生していると、指でふれることができずに見落とす可能性もあります。

そのため最終的な診断をするためには、PSA検査や超音波検査、生検などの検査を組み合わせて行います。

前立腺がんが見つかったときは、そのがんが前立腺部にとどまっている(限局)かどうかの判定や、とどまっている場合の病期分類にも必要となる検査です。

以上、前立腺がんの検査についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-16.前立腺がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2019 All Rights Reserved.