16.前立腺がん

前立腺がんの超音波検査の方法と検査で分かること

更新日:

前立腺がんの超音波検査の方法と検査で分かること
超音波検査には、経腹的超音波断層法と、経直腸的超音波断層法があります。前者は、超音波を出したり受けたりする装置(プローブ)を腹部に当てることで、前立腺の断面をみます。

後者は、横向きに寝てもらい、人さし指ほどの太さのプローブにゼリーを塗布し、肛門から挿入します。経腹よりも鮮明で正確な画像を得ることができるので、前立腺がんの検査では、後者のほうが有効です。

経直腸的超音波断層法では、前立腺の大きさや形、内部の構造などを調べます。たとえば、直腸診のとき指にかたいものがふれても、それががんなのか結石なのかわかりませんが、超音波検査なら判別することができます。また、前立腺の大きさを正確に測定することができ、超音波の画像から、前立腺がんの部位を推定することも可能です。

ただし、ある程度がんが大きくなければ観察することはできないので、この検査法による早期前立腺がんの発見は困難です。

前立腺の大きさや形状を調べる

前立腺がんが疑われる画像には、次のような特徴があらわれます。

・前立腺の形の違和感
健康な人の前立腺は栗のような形をしていてほぼ左右対称ですが、前立腺がんがあると、いびつになり、左右対称ではありません。

・前立腺被膜のエコーの乱れ
前立腺の前後の長さが異常に長くなったり、移行域と辺縁域の境がわかりにくくなることがあります。

・不規則なエコー画像
健康な前立腺の内部画像は均一の明るさを保っています。しかし、がんがあると、そこだけ暗く映し出されます。

・異常血流像
最近では、ほとんどの前立腺専門施設では、血流の状態を把握できるカラードプラ法が採用されています。これにより、がんに栄養を供給する異常な血管が増殖しているのを確認することができます。

以上、前立腺がんの検査についての解説でした。

がんと診断されたあと、どのような治療を選び、日常生活でどんなケアをしていくのかで、その後の人生は大きく変わります。

納得できる判断をするためには正しい知識が必要です。

⇒ がんを治すための「たった1つの条件」とは?

・・・

がんに関する情報は、世の中に溢れています。

そのなかで、外してはいけない重要なポイントは1つだけです。

詳しくはこちらのページで。

⇒がんを治すための「たった1つの条件」とは?.

 

本村ユウジ
がん治療専門のアドバイザー・本村です。

私の仕事は【がん患者さんに正しい選択を伝えること】です。

「本村さん、治ったみたいです。おかげで元気になりました」

そんな報告が届くのが嬉しくて、もう10年以上も患者さんをサポートしています。

→200通以上の感謝の声(これまでいただいた実際のメールを掲載しています)

しかし毎日届く相談メールは、

「医師に提案された抗がん剤が怖くて、手の震えが止まらない」

「腰がすこし痛むだけで、再発か?転移か?と不安で一睡もできなくなる」

「職場の人も家族さえも、ちゃんと理解してくれない。しょせんは他人事なのかと孤独を感じる」

こんな苦しみに溢れています。

年齢を重ねると、たとえ健康であっても、つらいことはたくさんありますよね。

それに加えて「がん」は私たちから、家族との時間や、積み重ねたキャリア、将来の夢や希望を奪おうとするのです。

なんと理不尽で、容赦のないことでしょうか。

しかしあなたは、がんに勝たねばなりません。

共存(引き分け)を望んでも、相手はそれに応じてくれないからです。

幸せな日々、夢、希望、大切な人を守るには勝つしかないのです。

では、がんに勝つにはどうすればいいのか?

最初の一歩は『治すためのたった1つの条件』を知ることからです。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

詳しくはこちらのページで(3分で読めます)

無料でガイドブック(小冊子)もプレゼントしています。

サイト内のカテゴリ

サイト内検索

がん闘病ブログ(ブログ村)

闘病ブログはとても参考になると思います。
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

-16.前立腺がん

Copyright© がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト・ブログ , 2018 All Rights Reserved.